Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第8回 タギングと整理

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

セマンティックWeb

タギングと整理について考えてみます。

タギングでも整理でも分類でもラベリングでも,呼び方はなんでもよいのですが,そういう「意味のあるなにか」のことを,Webの世界では「セマンティックWeb」と呼ぶようです。

筆者の場合,もっぱらローカルでやってますから,Webがどうかというのは(同じことをやっているとはいえ)直接は関係ないのですけれど,ともあれ,どうものを自動的に整理するか,というのがキーなのです。

意味という点では,Googleを超えたという評価もちらほら耳にする,新しい意味ベースのサーチエンジンPowersetなんていう魅力的なソリューションもありますけど,まだ世界には意味はついていないので,意味をつけるところができてしまえば,その先はどうにでもなるだろうと,いう気がします。

Geoタグ

この1~2年で,急速に進展しつつあるのがGPSや無線LANを使って位置を記録するGeoタグです。

GPSじたいは,1990年代以前からの技術ですし,機器があれば,タギングはさほどむずかしいことでもありません。ただいくつか問題があり,筆者の環境とはうまくなじまないので,実験的に使ったとき以外には,継続して使うことはないのです。

GPSの欠点はいくつもあります。捕捉に時間がかかる,建物のなかでは使えない,晴れていないと使いにくい,などです。筆者の生活パターンは,基本的にひきこもりで家から出ませんし,出かけているときは高速に移動しているため,GPSを使う機会がほとんどありません。

無線LANでは,東京大学/ソニーCSLの暦本純一教授のPlaceEngineがGPSの欠点を凌駕する技術を提供しています。『PlaceEngine』の場合,無線LANを使うため,建物のなかでも使えるし,精度もGPS並という話を聞いています。

でも,これでもひきこもりの筆者にはあまり関係ありそうにない。そりゃ,ひきこもりといっても,たまには買い物に行くし,散歩にもいきますけど,微妙にGeoタグを必要とするシーンが見えないのです。暦本さん,すみません。でも『PlaceEngine』の携帯タギングマシン(?)貸してくれたら使います。

整理しないのは,整理しなくても探せるから

だいたい,筆者の整理というのは,ハイパーテキストを用いているもので,3万弱のファイルに対して30万以上のリンクがあるという高度にリンクした状態になっています。

ファイルシステムがこのような状態の場合,整理というのは,日々日記を書くことでほぼ足りるのであり,日記を書くだけで,限りなく整理や情報の再構築を行い続けているということになります。

日記や原稿を書くことじたいが整理作業をかねているのです。

すでにできあがったこのハイパーテキストシステムでは,書き物をすることと整理とは一体不可分になっていて,わざわざ整理する必要もなく,ファイルは整理できています。

検索システムも作っているので,特別な整理をしなくても,探し物に苦労しない,ということもあります。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入