Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第9回 手作業と自動化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

手作業と自動化

ライフログ,すなわち人生というとんでもなく長いような短いようものを対象に記録をとっていくということは,どうしたって,ある種の自動化を避けて通るわけにはいかないのです。

たとえば筆者は,Gmailに加えて自作のPileMailシステムを使って,スパムをよけています。Gmailの強力なスパムフィルターと,自作のPileMailのスパムフィルターを重ねて適用することで,じつにスパムはほぼ0という状態が続いています。数年前,2004年ごろには,ほとんどスパムだったという一時期もあったので,それがPileMailの開発の強いモチベーションになったわけですけれど,結果としてスパムを手でよける,分類する,というような不毛な事態とは,完全に手を切ることができました。これを「自動化」といいます。

PileMailの場合には,スパムとはいえないけれど,まあ読まないようなDMのたぐいもタギングしながら一掃できるので,目の前には必要なメールがわずかに1通か2通,ということも少なくありません。日によっては0通とか。この1通か2通だけが手作業で読むのに足りるメールだと考えられます。

PileMail分類後のメール

PileMail分類後のメール

PileMailで分類したあとのメールファイル(拡張子は.mailというテキストファイル)は,わずかに1ファイルのみです。分類したメールは,DM(ダイレクトメール)などのフォルダにタグづけされて分類しています。

PileMailの分類一覧

PileMailの分類一覧

分類ルール一覧です。メールアドレス,本文などでメールを分類できます。明らかなDMなどを対象としていて,現時点でほぼ100%の効果をあげています。

リッチな手作業

こうなると,スパムが懐かしい,なんて罰当たりなことを思ったりすることもあります。いや,じっさいに来たら,ぜんぜん懐かしくないですけどね。

このことから考えてみると,手作業でできる範囲は,限られているのだとあらためて思います。手作業というのは,きわめてリッチなのだなぁ,と感じることもあります。

手作りというのは素朴なもので,より高度なものは大量生産でできる,みたいな価値感もあるかもしれませんけど,大量生産の自動化でできるものは,しょせん大量生産に過ぎず,ありふれたものでしかないわけです。特徴がない。

『PilePaperFile』のように,まったくオリジナルのものを作るということは,どのみち手作りでしかないわけで,手作りの一品ものを作る手作業のほうが,筆者にはあっているのかもしれません。

ただし,その手作業が,自動化の上で成立している,ということも重要なわけです。自動化によってフィルタリングすることで,初めて手作業にかける時間が生まれ,手作業と向き合い,時間を忘れるくらい没頭することができるからです。

スパムと向き合う時間は無駄だけど,PileMailを作るのにかかる時間は充実していると感じています。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入