Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第12回 自動と手動のバックアップ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

いかにバックアップするか/メールだ/シンクロだ

年月日の日付方式は,1日という単位で情報を扱うことができるため,バックアップがきわめて容易だ,ということも運用上のメリットとしてあげられます。

筆者はこの年月日方式を使って,毎日「昨日」の情報をさまざまな方式でバックアップをとっています。複数のハードディスクでシンクロしたり,メールしたりしています。

1日に手動で扱うファイル数は平均して100前後です。この程度の規模のファイル数や容量であれば,メールするのもバックアップするのも,きわめて短時間に行うことができます。情報にはすべて時刻が入っているので,いつの情報がほしいのか,というのを探すのも容易です。

「違う」こと

バックアップは,WindowsをLinuxやメールにシンクロしたりメールしたりアップロードする方式で,複数の完全に異なる方法を選んでいます。どれかひとつだけにしないのがポイントです。

完全に異なるものであれば,ウィルスや物理的な問題に対して耐性を期待できます。WindowsとLinuxに同時に感染するウィルス,というのは考えにくいですし,ローカルとWebが同時にアクセス不能になる,ということもないとはいいませんが,あまり多くはないでしょう。

複数のマシンに昨日までの(あるいは今日のでもかまいませんけど)おなじ情報があれば,1台に依存してなにかするという不安定さは解消されます。バックアップには,⁠違う」ことが重要なのです。

blogを見ようとしたら,サービスしてませんでした。

blogを見ようとしたら,サービスしてませんでした。

外部の資源に依存すると,外部のスケジュールに左右されます。

差分を補足する

1日という単位,今日や昨日を単位とすることで,ひとにもコンピュータにもバランスのよいバックアップが可能になるわけです。

すこし補足すると,毎日バックアップしたあとに,昨日の情報を編集することもあり,バックアップとの差分は当然生まれてきます。その場合も,1カ月ごとにまとめてバックアップすることで差分を解消したり,不定期に全体をシンクロして差分を解消したりはしています。メインのコンピュータはわずかに20GBしかハードディスクをもたないVAIO-Uなので,せいぜい手元に置けるのは今月と先月くらいの情報でしかなく,3カ月前以前の情報は,外部のハードディスクやNASに移動しています。不定期に行っている差分の吸収は,この移動時に行うことが多いです。

自動処理エンジン『PileSecretary』

ほとんどすべての作業は,できるかぎり自動化しています。この連載で,何度か『PileDesktop』をご覧いただいてます。⁠PileDesktop』はもろにアナログな手作業のソフトなので,それと自動化と,どう関係するのかと疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

筆者は,手作業をこよなく愛していると思います。手作業と,手作業にともなう「道具」を偏愛しているところがあります。その究極をつきつめようとしているのが『PileDesktop』です第1回等を参照⁠⁠。

そのいっぽうで,"手作業でできることには限界があるよな"とも強く感じています。すべてを手作業したいとは露ほども思っていません。それどころか,できるなら全部自動で,家事はメイドさんでと思っています。手作業をするということは,筆者自身の重要な資源である時間を使うので,手作業でなにかをすることは,その対象へのある種の投資があるわけです。

手作業への可処分時間

対象が3つある状況を想定しましょう。ひとつには強い関心を抱いている,もういっぽうへの興味は現在のところはほとんどない,最後のものはまず無関係。このような場合,それぞれにかける処理時間をどのように配分するのがよいでしょうか。

手作業で行う場合には,ある種の判断を下す必要があるので,ゼロというわけにはいきません。可処分時間を100としたときに,どのくらいどうなるのか。

関心の度合い

手動の場合の可処分時間

強い興味関心70%,弱い関心25%,無関係5%

自動の場合の可処分時間

強い興味関心100%,弱い関心0%,無関係0%

割合の数値はてきとうですが,処理を自動化してしまえば,現在関心をもっているものだけに100%資源を集中できます。。だいたい自動化によって,強い関心事への集中力は30%くらい向上すると期待できます。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。