Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第23回 つくるしかない,トレーディングカードを

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

紙の魅力を凝縮したトレーディングカード

第18回『突然つながる発見』で紹介した喜国雅彦の『本棚探偵の回想』(双葉社)には,トレーディングカードの話が出てきます。食玩やトレーディングカードがはやっているけれど,探偵小説のトレーディングカードはない,名探偵コレクションもない,というのです。

そこで,でましたこのフレーズ。「自分で作るしかない」。

喜国雅彦の『本棚探偵の回想』(双葉社)p.173「誰かトレカを」

喜国雅彦の『本棚探偵の回想』(双葉社)p.173「誰かトレカを」

探偵小説のトレーディングカードがないので,「自分で作るしかない」。喜国雅彦の『本棚探偵の回想』(双葉社)p.173「誰かトレカを」より。

筆者自身も,なければ作るをモットーに,あるいはないから作るのか,作りたいからないことにしたのか,いまとなってはやや不明なものの,キーボードを手始めに,机や住宅,なんやかや。プロデュースソフトが100本,未公開の自作のソフトも50本と,なんか狂ったようにもの作りに邁進してます。

やっぱり,ないものは作るしかない創作のエネルギーには,もうむちゃくちゃ共感してしまうわけです。紙を捨ててデジタルに移行しつつあり,累積のファイル総数は140万枚(ファイル)を超えたとはいえ,紙には紙の魅力があり,その魅力を凝縮したものがトレーディングカードであるのは,大いにうなずけるところです。

それならば,喜国雅彦がカラーコピーとパウチマシンでトレーディングカードを作ったように,カラープリンタとデジタル処理を使って,トレーディングカードを作るのはどうかと,ちょうど日本のカード文化の元祖2009年の『仮面ライダー』もカードですし。

喜国雅彦の『本棚探偵の回想』(双葉社)p.180「誰かトレカを」

喜国雅彦の『本棚探偵の回想』(双葉社)p.180「誰かトレカを」

トレーディングカード作成の図解。コピー機を使って縮小コピーし,パウチマシンでコーティング。喜国雅彦の『本棚探偵の回想』(双葉社)p.180「誰かトレカを」より。

喜国雅彦の『本棚探偵の回想』(双葉社)p.181「誰かトレカを」

喜国雅彦の『本棚探偵の回想』(双葉社)p.181「誰かトレカを」

できあがったトレーディングカード。これは魅力的です。ほしいです。喜国雅彦の『本棚探偵の回想』(双葉社)p.181「誰かトレカを」より。

デジタルトレーディングカード

デジタルトレーディングカードの仕様はこんな感じ。

  • 1.カードは紙製。大きさは世に出回っているトレーディングカードに準じる。
  • 2.カードの表面は本の表紙画像。スキャンした画像を有効利用する。トレーディング目的ではない。
  • 3.裏面には本のデータと本へのアクセスパス。たとえばそのカードをカードリーダーにかざすと,該当するフォルダを開くとか,該当するフォルダのスライドショウが始まるようなことを想定。「デジタルで探す」のと実体の紙を紙として扱うのにはクオリアの差があり,紙でしかできないことがなになのかを研究する。
  • 4.パウチは使用しない。

さて,それで早速問題となるのが,トレーディングカードのサイズと厚みです。すぐに思いつくのは,トレーディングカードは厚いということです。だいたいプリンタというのは,厚みのある紙に印刷するのが苦手です。しかも両面印刷なんて,できるんでしょうか?

ご存じかと思いますが,筆者はもう10年くらいまともにプリンタを使ったことがありません。もっぱら紙からの脱却をめざしてきたわけですから,昨今のプリンタ事情についてほとんど無知なのです。

10年前の知識でいうと,両面印刷すると紙ににじむとか,だいたいカードみたいな小さいものに印刷できるんでしょうか。それとも大きな紙に印刷して切り抜くのか。いろいろ疑問も山積です。このあたりメーカーの方のご意見を参考にしつつ進めたいと思います。いかがでしょうかエプソンさんキヤノンさん。ブラザーさん,HPさん。あとどこでしたっけ。

インクジェットもあるしカラーレーザーも安くなってますし。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入