Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第37回 ライフログを生活の武器にする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

企業の秘匿するライフログデータ

ライフログには,筆者が実践研究しているような個人的な側面と,主として企業(や国)が個人の動向をつかんでマーケティング(や行政)に利用しようとするビッグ・ブラザー的な側面と,二つの面があります。

クレジットカードの利用情報などは,すでに充分にライフログ的でありますが,その情報は基本的にカード会社が保持していて,個人情報であるにもかかわらず,個人が利用可能なかたちでは提供されません。

スーパーでの商品管理はすべて電子化されていますが,それもモノを買っているのは消費者であるのに,情報というかたちでは個人には還元されません。レシートやクレジットカードの利用明細はありますが,基本的に紙ベースなので再利用は困難です。

インターネットによるオンライン電子販売サイトであるところのアマゾンでさえ,購入情報をユーザーは扱いやすいかたちでかんたんに手に入れることはできません。すべてが電子情報なのにもかかわらず,たとえば,年間にどんなジャンルの何冊の本を合計いくらで買っているのかを知るためには,ログをデータベース化する必要が出てきます。まあそういうソフトを作って使えばよいのですが。

ここに,とてもなにか大きなギャップを感じていたのです。

商品に関するメタデータを手に入れて活用できれば,消費者/ユーザー/個人は,もっとよりよい消費行動を取れる可能性があります。そのメタデータを提供しないということは,企業/国/システムは,消費者を依らしむべし知らしむべからずの状態においておきたいのだろうな,と感じていたのです。

これが某スーパーが(たぶん)秘匿としたいリスト

これが某スーパーが(たぶん)秘匿するリスト

今回,ライフログデータ(レシート等の明細)を編集していて手に入れてしまいました。スーパーの底値情報です。

インターネットスーパーのインターフェースを考えた

筆者は,約1年半にわたって,インターネットスーパーを使ってきました。インターネットスーパーのインターフェースは,インターフェースの研究者から見るともう最悪にひどくて,何度も直接提言をしたり(それで改善された点も少なからずあります)⁠よりよく使うためのインターフェースソフトを作ってきました。

現在は,買い物の必要が出てきたらメモを書けば,そのメモを蓄積して週に1回,チェックリスト形式でメモとスーパーのサイトを同時に開けるようにして,だいぶ改善されました。

ここで次の段階に移るために必要なものを考えたところ,先のメタデータだろうと感じたわけです。

普通買いものをするときになにを必要と感じるかは,⁠牛乳」「キャベツ」のようにジャンル名であって,商品名ではないためです。もちろん,なかには「チョココ」のように商標名で指名買いしたいものもないでもないですが,本や音楽などと違って,日用品的な食料のすべてを商標で特定して買いたいとは,筆者はあまり思わないのです。

買いものをするときのインターフェースソフトとリストと商標

買いものをするときのインターフェースソフトとリストと商標

実際に使っているリストでは,⁠かみそりの刃」⁠野菜類」⁠果実」などと書いてある項目が中心で,商標で書いてあるのは三ツ矢サイダーだけだとわかります。いっぽう,左側のスーパーの買い物インターフェース画面では,商品がリスト形式で商標名で表示されています。両者を一致させるのは結構手間どります。

知人に,米は新潟のブランド米で,リンゴは青森の農家から直売で,という主婦のかたがいらっしゃるので,それに較べると筆者の場合はずいぶんぬるいなぁと思いますけど,まあそこまでのエネルギーをかける気力はない。食品偽装大国の日本では,食料をきちんと選ぶことは重要ですけれど,まあたいていはそこにあるものを買っています。

そこにあるといっても,インターネットスーパーは「そこ」を得介するのがむずかしいのです。商品名(商標)では検索できますが,ジャンル名では(ツリーを辿る以外に)検索ができないためです。これはなかなか悩ましいです。実際にスーパーに買いにいけば,野菜コーナーとか精肉コーナーと売り場がわかれていて,だいたいの場所を覚えておけば買い物をできますが,インターネットではそうはいかないのです。

商標名での検索になるために,シソーラスの充実していないインターネットスーパーでは「たまご」「タマゴ」「卵」は別扱いとなり,何度も検索をくり返す必要があります。ともかくこれが煩わしいです。

買い物メモをジャンル名で作り,買いものをするときには商標に照らし合わせる作業は,買い物の件数が10個とかになると,あまりかんたんではないのです。そこで,ジャンル名を商標名に置き換える辞書を作ろうと考えました。これですくなくとも検索の手間は軽減されるだろうからです。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入