Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第43回 デジタル書籍とペーパー索引

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

デジタルの画面の狭さをどう克服するか

iPadの発表を見ていちばんびっくりしたのは,大きさ(ハードウェアスペック)が筆者の使っているNECのタブレットPC VersaPro VJ11F/GL-Rに酷似していることでした。

 VJ11F/GL-RiPad
ディスプレイ10.1型9.7型
操作電子ペンタッチパネル
解像度1024×768ピクセル1024×768ピクセル
重量899g680g (?)
発売2004年8月2010年3月

なんか,ほとんどおなじマシンに思えます。6年待ってこれかと思います。6年分の進歩はもちろん少なからずないわけではないです。動作時間とか。これでiPadが売れたりすると,Tablet PCの失敗の原因はなんなんだって話です。成功するとすれば,やっぱりサービスなんでしょう。

さて,前回までの本のデジタル化の話に戻しましょう。今回取り上げるのは,本をデジタル化するときにもっとも不満なことのひとつである,デジタルゆえの制約,特に画面の狭さによるオペレーションの困難さです。

前回紹介した1行を満足に表示できないようなブックブラウザは論外として,本が厚みをもちながらもぱらぱらと高速にめくれるのに対して,デジタル化した書籍にはそういうアナログ的な軽快さがありません。モノの紙とデジタル化した紙は,ぜんぜん別物なのです。

デジタル化した書籍の読み方とは,ページをめくって順繰りに読むか,検索して該当ページを表示するか,2種類しかない,と考えるほうがよいでしょう。ストーリーをもつ書籍であれば,順繰りに読むのでもよいのですが,検索して読む場合にどうしたらよいかを考えてみました。

プログラム関係の本のような実用書の場合,もっとも重要なのは,目次と索引であると考えられます。索引が充実しているのであれば,索引がもっとも重要です。

筆者は,約1年半ほど前からC#をゼロから勉強していて,C#とWPFの書籍を13冊手元に置いています。13冊にもなった理由は,ほんとうにゼロから,ある本に書いてあることと,別の本に記載されてあることを総合しながら理解する,みたいなかたちで勉強してきたためです。もちろんWebも併用しています。

さて,13冊という分量は,いざなにかを探そうとすると,すこし考えてしまう多さです。C#かWPFかでおおまかに9:4に分けられ,おおむねメインで使うのは2冊ときまっていますが,それにしても,なにかふと思って検索するときに,あちこちの索引を見て回るのはまどろっこしいのです。

図1 C#とWPFの参考書

図1 C#とWPFの参考書。片っ端から

片っ端から。当たるを幸い薙ぎ倒す感じで。

図2 C#でいちばんよく使う2冊

図2 C#でいちばんよく使う2冊。「これからはじめる」のほうは,1/4ほどは開発環境の使い方

「これからはじめる」のほうは,1/4ほどは開発環境の使い方。そのため,その部分はデジタル化してもよいか。

図3 C#はすこし中級者向け

図3 C#はすこし中級者向け。まだ読み込めていないので,これは当面スキャンの対象外としよう。読むのは紙で,引くのはデジタルで。

まだ読み込めていないので,これは当面スキャンの対象外としよう。読むのは紙で,引くのはデジタルで。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入