Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第73回 甦る過去の記憶

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

続々アーカイヴ

ライフログは,記憶と記憶にまつわる研究とシチュエーションのキーワードです。同様のキーワードにデジタルアーカイヴなどもあります。

2012年現在,このところさまざまなアーカイヴが公開されているのがぽつりぽつりと目につくようになっています。たしかアインシュタインのアーカイヴが公開になったのも今年だったと思いますし,つい先ごろ2012年11月には,京都大学系京都学派の西田幾多郎の資料が公開されました。

後者の資料を見たところ,だいたいA5判のサイズを幅755×高さ1135ピクセル程度で公開しているようです。解像度にすると150dpi程度でしょうか。もうすこし高解像度でもとは思うものの,美術品ではないため充分な解像度ともいえ,手書きの雰囲気もたっぷりで,じっくり見ていて堪能できます。

こういう流れは,電子出版やインターネットだけではありません。老舗の出版社たとえば平凡社の『少年少女昭和ミステリ美術館』⁠森英俊・野村宏平編著/平凡社)は,⁠少年探偵団」⁠名探偵ホームズ」⁠怪盗ルパン」の3大シリーズを筆頭に,その他のジュヴナイル小説を集めてまとめた懐かしさ満載のアーカイヴで,見ていると小学校のころとかを思い出して浸ってしまいます。

『少年少女昭和ミステリ美術館』⁠森英俊・野村宏平編著/平凡社)

『少年少女昭和ミステリ美術館』(森英俊・野村宏平編著/平凡社)

なつかしの怪人二十面相や,ホームズ,ルパンがよみがえってきます。SFや雑誌までジュヴナイル小説をかなり広範囲に網羅していて,読みごたえもたっぷり。宝物にしたい一品です。

少し前だと,松尾芭蕉の『奥の細道』⁠岩波書店)なども,手書きアーカイヴのひとつでしょう。電子出版のいっぽうで,古きよき紙が甦ってくるようになってきました。これはなかなかいいことです。

著作権切れの「新刊」

電子出版では,著作権の切れた作家に注目も集まります。たとえば,著作権では直近の数年で,

  • 2013/10/11 ジャン・コクトー死後50年。著作権切れ
  • 2013/11/22 C・S・ルイス,オルダス・ハクスリー著作権切れ
  • 2015/05/03 銀の匙の中勘助著作権切れ
  • 2015/07/28 江戸川乱歩著作権切れ
  • 2015/07/30 谷崎潤一郎著作権切れ。⁠春琴抄』⁠痴人の愛』
  • 2020/11/25 三島由紀夫著作権切

なんてのが控えています。筆者の場合,⁠痴人の愛』なんて,まさにいま読んでいるところで,古びないおもしろさというのはあります。

もうこうなると,これから起きる未来は,過去と区別がつかないんじゃないか,という気持ちさえしてくるほどです。新作かどうかなんてのは,ぜんぜん問題でなくなってきているんじゃないか,という気がするのです。ちょうど,音楽がデータベース化して聴けるようになり,新曲かそうでないかをあまり問う必要がなくなったみたいに,です。

過去と未来は,現在ではないという点で,じつは同程度に同じものなのではないかという気がするのです。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入