Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第73回 甦る過去の記憶

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

遅れて届いた贈りもの

すこし脱線すると,鬼籍に入った作家の作品が見つかって出てくる話題も,しばしば目にします。

『冷血』『ティファニーで朝食を』のトルーマン・カポーティーの自伝的遺作『叶えられた祈り』の一部と思われる「Yachts and Things」が見つかった(2012年11月)とか,モーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンシリーズの最終作『ルパン,最後の恋』⁠早川書房)とか。

アルセーヌ・ルパンシリーズの最終作『ルパン,最後の恋』⁠モーリス・ルブラン/早川書房)⁠⁠月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ!』⁠氷室冴子/集英社)

アルセーヌ・ルパンシリーズの最終作『ルパン,最後の恋』(モーリス・ルブラン/早川書房),『月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ!』(氷室冴子/集英社)

70年ぶりに刊行されたアルセーヌ・ルパンの最新作です。たしかフランスの著作権は70年(?)なので,今後これまでにも増してルパンのパスティーシュ,オマージュが増えるやもしれませんね。⁠月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ!』は雑誌掲載のみだった作品を落ち穂拾いした作品集。余談ながら,先日『海がきこえる』をDVDで見て,アニメージュ版の『海がきこえる』をぜんぶそろえたい衝動に駆られています。マニアなのです…。

生前にすこしだけ交流のあった少女小説家氷室冴子の単行本未収録作『月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ!』⁠集英社)とか。

ついについに…

ついについに…

死者からの手紙は,⁠ついに」届くようです。こんなところでも妙なシンクロニシティを感じました。

作家の死によって,もう新作は読めないとあきらめてしまいがちですが,デジタルアーカイヴやライフログなどの厖大な記録と,もちろんデジタルに限らずアナログの記録と,それを整理して公開する手段であるインターネットとが,うまく連動していけば,そもそも人生というのは厖大なものなので,いつまででも絶えることなく楽しめる環境が続く可能性だって出てきます。

アナログの整理とデジタル化は直接は無関係に思われるかもしれませんが,アナログ資料を整理するのにも,デジタル化は有効です。劣化しませんし,データにタグなどを追記しやすく分類に向きます。アナログの実データを触らなくてすむため,破損なども防止することができます。特に整理するときには,繰り返しデータを見て分析する必要がありますが,アナログの貴重な巻き物や紙の質の悪い古書などの場合にはデータを扱うことが困難なのでデジタル化は有効なのです。

甦るアーカイヴ

今回紹介したように,過去の作品がアーカイヴによって甦ってきます。このようなアーカイヴは,ショートショートの神様・SF作家の星新一の作品「時の渦」⁠新潮社 新潮文庫『白い服の男』に収録)で予言していたことを思い出します(そういえば,公立はこだて未来大学の松原仁教授やSF作家の瀬名秀明のチームが,人工知能を使って,星新一の新作を作るプロジェクトを開始していると報道されたのも2012年9月のことでした)⁠

星新一は生涯に1,001本のショートショートを書いたことで知られています。1,000本というのはなかなか大した数です。ヤンキースのイチローは,2013年の夏に日米通算4,000本を達成すると期待してますけど,そのイチローだって1,000本のヒットを打つには5年かかるわけです。

その1,000という目標はひとつの大きな達成点になるはずで,じつは筆者自身の最近の目標は,一生涯でモノを1,000個作ろう,ということであったりします。いまのところ,単著が30冊くらい,連載で作成しているソフトが130本,それ以前に作ったもの(ソフト・ハード)がざっと40個くらいはあると思うので,現在のところ200/1,000を達成したところです。週刊のソフトは年間で50本リリースできるので,あと800本リリースするには,16年ですね。ま,のんきな話ですけど。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。