確実に身につける!メモ術基本レッスン

第3回 頭と体に覚えこませる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

それでは,いよいよメモを取るための練習を始めましょう。

まずはツールを用意する

まず,ペンと"メモ帳"を用意してください。

"メモ帳"は,別にノートでも手帳でもかまいません。ただ,これから先,いちいち「メモ帳やノート,手帳」と書くのは面倒なので,"メモ帳"と書いたときにはメモツールの中の「書かれる側」だと思ってください。

ペンも,基本的には種類を選びません。ご自分で使いやすいものを用意していただいてかまいません。鉛筆でもシャープペンシルでもボールペンでも万年筆でも,場合によっては矢立を持ち歩いていただいてもかまいませんが,これからやろうとしていること(いつでもどこでもメモを取る練習)を考えて,ペンも"メモ帳"もそれに適していると思えるものを,自分でしっかりと考えて用意してください。

基本的には,ペンも"メモ帳"も「持ち運びしやすいサイズのもの」ですが,練習として望ましいと思われるペンと"メモ帳"というのはもちろんあります。それについては,次回説明します。

もちろん,紙とペンというアナログツールではなく,デジタルツールを使用したメモ術も存在しますが,いつでもどこでもメモを取るという点において,紙とペンに勝るものはありません。紙とペンならば,充電も停電やバッテリー切れの心配もありません。そういう意味では,アナログツールだって使える紙がなくなったり,ボールペンや万年筆のインクが切れたり,ということは可能性として存在しますが,予備を持ち歩いたり,代わりを手に入れるための負担は,デジタルよりもアナログの方がずっと少ないはずです。

他にもいろいろ理由はありますし,デジタルツール派の意見もいろいろとあるでしょうが,とりあえずしばらくはアナログツールでお付き合いください。

ツールをいつも持ち歩く

さて,用意していただいたペンと"メモ帳"ですが,それを可能な限りいつも持ち歩いてください。それが最初の練習です。

それのどこが練習だって? 今までいろいろな本に書いてあったことじゃないかって? 勘違いしないでください。

わたしはペンと"メモ帳"を「いつも持って」歩くように言っているのです。ポケットやカバンに入れておいたり,腰からぶら下げてはダメです。家中のあちこちに置いておくのもなしです。確かにその方が忘れる心配がなくて安心でしょう。いざというときにいつでもメモが取れるように,いつでもメモツールを身近に置いておく,という意味では,それでもいいかもしれません。でもそれは実戦術です。今からやろうとしているのは「練習」です。練習は意識してやらなければいけません。

つまり,意識してメモツールを持ち歩く練習をしてもらいたいのです。

自宅でも職場でも,どこかに移動するときには,必ずペンと"メモ帳"を「手に持って」移動してください。

職場でも

これは,職場では意外と簡単にできるかもしれません。特にデスクワークの人は,机の上の所定の位置に,いつでもペンと"メモ帳"をセットにして置いておき,席を離れるときには必ずそれを手に取るようにすれば良いのです。職場では,基本的に基点となる場所(自分のデスク)が決まっていることが多いと思いますので,移動の際のスタートとエンドがはっきりしています。そのスタートのタイミングでペンと"メモ帳"に手を伸ばし,エンドのタイミングで元の場所に戻せばいいのです。

会議のときはもちろんのこと,トイレに行くとき,喫煙所に行くとき,昼食を取りにいくときも,ペンと"メモ帳"をさっと手に取って移動するようにしてください。

自宅でも

難しいのが,自宅にいるときです。

「いや,自宅ったって,うちはワンルームのマンションだから,ほとんど移動距離はないし」なんて考えてはいけません。その「ほんのちょっとの移動」のときにも,ちゃんとメモツールを持って移動していただきたいのです。

これは意外と大変ですよ。

なぜかというと,家庭では職場と違って基点が曖昧な場合が多いからです。主婦の場合などは,意外とキッチンやダイニングが生活の起点になることが多いかもしれませんが,逆に男性の場合,家の中の基点というものが,実はあまりはっきりしていないのです。そのため,スタートとエンドがうやむやな移動が多くなってしまうのです。

つまり,家の中で移動する場合には,職場にいる時以上に意識する必要が出てくるのです。

まず夜寝る前には,かならず枕元にメモツールを置いてください。ペンと"メモ帳"を枕元に常備するのではありません。最初に用意してもらったペンと"メモ帳"を持って,それを枕元に置いて寝てください。さて,朝目が覚めて,まずトイレに行くなり顔を洗いに行くなりするでしょうが,当然その瞬間から練習は始まっています。忘れずにメモツールを手にとって移動してください。

パソコンに向かうとき,食卓につくとき,トイレに行くとき,風呂に入るとき。すべての移動のときに,ペンと"メモ帳"を「手に持って」移動するよう心がけてください。

そうそう,トイレで用を足しているときや,風呂の中でまで「手に持っている」必要はありませんよ。どこかに置いていただいてかまいません。ただ,次の移動の際には,また手に取ることを忘れないようにしてください。

著者プロフィール

マックライド

10年以上前に始め,すでに2年近く放置したままの「小説のようなモノの書き方」というサイトに,いまだに新規の読者がやって来ては,本人が忘れてしまったような点についてメールが送られてくるのが悩みの種。現在はブログに移植した「メモの達人への遙かなる道のり」をメインとして,日々役に立たないアイデアをメモに残している。

「小説のようなモノの書き方」
http://www2.cds.ne.jp/~macride/
「メモの達人への遙かなる道のり」
http://waytomemomaster.cocolog-nifty.com/

コメント

  • 面白い!

    私もメモを取る癖をつけるにはどうすればいいんだろうか…と悩んでいたところです。

    持っていないとそわそわする、というまで持ち歩く癖をつけること言専念してみたいと思います。

    Commented : #1  Mai (2014/09/19, 19:51)

コメントの記入