確実に身につける!メモ術基本レッスン

第7回 取ったメモを見返す

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

メモは読まれて初めてメモになる

前回の記事を読んで気がついた方もいらっしゃると思いますが,前回はやたらと「あとで読み返したとき」といった意味の言葉が出てきました。「そんなにしょっちゅう読み返さなきゃいけないの?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

でもよく考えてください。『「メモを取ろう」と思った』ということは,『「あとで必要になる(かもしれない)」と思った』ということです。『メモが必要になる』ということは,『そのメモを読み返す』ということです。

もちろん,書いた本人が読み返すとは限りません。誰か他の人に宛てたメモかもしれませんから。そうだとしても,基本的には「メモは必ず誰かが読むもの」なのです。誰にも読み返してもらえないメモは,メモとしての意味をなしません。「メモは書かれた時点ではなく,読み返された時点で初めてメモになる」といってもいいかもしれないぐらいです。

たしかに,第5回で紹介した練習で取ったメモは,あとで必要になると思ったから取ったわけではないかもしれません。そういう意味では,あとで読み返すことはないのかもしれませんが,あれはあくまでも"練習"です。

そこで,練習とはいえせっかく取ったメモですから,可能な限り読み返してあげましょう。

もちろん,それも「メモを読み返す」練習です。「いや,たかが読み返すぐらい,練習しなくてもできるから」と思う人もいるかもしれませんが,なかなかどうして,これができない人が多いのです。「読み返すほどのメモは残してないしなぁ」と思う人もいるかもしれません。

しかし,メモを読み返す習慣がつかないと,そのうちに「メモを残す意味がないんじゃないか」と思い始めます。そうなると,メモを取る習慣もつかなくなってしまうのです。ですから,メモを取る習慣をつけたいと思ったら,メモを読み返す習慣を身につけなくてはいけないのです。

いつ読み返すか

まず,「メモはいつ読み返せばいいのか」という問題です。

よく言われるのは,「日次,週次,月次でレビューをしましょう」というようなことでしょうか。朝一番もしくは夜寝る前に一日分のメモを読み返し,週のはじめ,もしくは週末に一週間分のメモを読み返し,月初または月末に一ヶ月分のメモを読み返す,という習慣をつけましょう,というのが,よくある教えです。

基本的には,これはおそらく正しい考え方です。定期的にメモを読み返すことで,自分で書いたメモの内容を,自分自身にフィードバックするわけです。そして,そこから何かが得られるかもしれないのです。

ところが,これが意外と面倒臭い。

やるべきタイミングでやるのを忘れてしまったり,覚えていたのに忙しくてできなかったり,いざやってみたら意外とメモの量が少なくてガッカリしたり,逆に多すぎて途中で読むのがイヤになったり。そういうことが続いて,結局メモを読み返す習慣がつかなくなってしまう,というのがよくあるパターンです。

時間を決めずに読み返す

そこでわたしがお勧めしたいのは,まずは時間や日付を決めずに読み返す,という方法です。では,いつやるかということですが,一番単純なのは"メモ帳"を手にしたタイミング,つまりメモをとったら,ついでにふたつみっつ前にさかのぼってメモを読み返してみる,という見返し方です。

時間や日にちを決めて,一日分や一週間分のメモをまとめて読み返すことも大事ですが,それにとらわれるあまり「ああ,夕べもメモを読み返さないで寝てしまった」と後悔する毎日では楽しくありません。それならばむしろ,"メモ帳"を手にした時点で読み返してしまおう,という発想で,メモを取ったら少し戻って読んでみる方法をお勧めします。

もちろん,メモを取ったときに限らず,気が向いたとき,暇なときに,手元の"メモ帳"をパラパラとめくって眺めてみる,ということでかまいません。やるべきことは「自分が書いたメモを読み返す習慣をつける」ということですから。

ただし,元々メモを読み返す習慣のない人は,暇なときに"メモ帳"を手に取る,という習慣もないでしょうから,そのやり方はうまくいかない可能性が高いのです。そのため,とりあえずはメモを取るために"メモ帳"を手に取ったタイミングで,それをきっかけに少し前を読み返してみる,という癖をつける努力をしてみてください。

実はここでも「バラバラにならない"メモ帳"を用意してください」といったことが意味を持ってきます。バラバラになる"メモ帳"では,おそらく書き終わったものは別に保存していたりしますので,暇なときにいつでも読み返す,ということができなくなります。むしろ,時間を決めたレビューをする以外に,読み返すタイミングがなくなってしまうのです。

それに比べると,過去に書いたものも常に一緒にくっついている「バラバラにならない"メモ帳"」は,いつでも過去のものを読み返すことができます。

さらに,"メモ帳"が一冊終わった時点で,その一冊を見返してみる,というのも忘れずに行ってください。

時間を決めて読み返す

中には,日次や週次や月次のレビューがしたい,もしくはその必要があるのに,どうしてもうまくできない,という人もいるでしょう。そういう人は,区切りの良いタイミングでレビューする,という考え方を捨ててみてください。本来区切りの良いタイミングでやるべきレビューを,わざと区切りではないタイミング,むしろ流れの中に組み込んでしまうことで,やりやすくする,という考え方です。

区切りの良いタイミングというのは,実はやるべきことがたくさんあってバタバタしていたり,逆にホッとしてしまったりして,まだ習慣化していないものを組み込むには良いタイミングでないことが多いのです。

そこで,区切りの良いタイミングではなく,日次レビューならば午後3時ごろに,週次レビューならば水曜あたりに,月次レビューならば17日ごろに実施するようにしてみるのです。もちろん,午後3時とか水曜とか,はっきり決める必要もありません。なんとなく他の作業の合間に,というやり方でかまいません。

そして,レビューをしたら「レビューをした」とメモを残す。レビューをした結果どうだったか,などと書く必要はありません(書いてもかまいませんが)。レビューをした,という事実をとりあえずそのまま記録として残す。それも,メモを残す習慣のひとつになります。

そして,次回のレビューのときには,その「レビューをした」というメモのところまでを見返すのです(もちろん,それ以上前にさかのぼって見返してもかまいません)。

さらに,それらの定期レビューを忘れてしまった場合は,「じゃあ明日,2日分まとめて」とか「来週2週間分まとめて」などと考えずに,レビューを忘れていたことに気づいた時点でレビューしてしまいましょう。もし無理な場合でも,最低「レビューを忘れていた」とメモを残してください。

著者プロフィール

マックライド

10年以上前に始め,すでに2年近く放置したままの「小説のようなモノの書き方」というサイトに,いまだに新規の読者がやって来ては,本人が忘れてしまったような点についてメールが送られてくるのが悩みの種。現在はブログに移植した「メモの達人への遙かなる道のり」をメインとして,日々役に立たないアイデアをメモに残している。

「小説のようなモノの書き方」
http://www2.cds.ne.jp/~macride/
「メモの達人への遙かなる道のり」
http://waytomemomaster.cocolog-nifty.com/

コメント

コメントの記入