確実に身につける!メモ術基本レッスン

第8回 メモを取るために本を読む

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第5回でテレビのCMを使った練習の方法を紹介しました。CMが始まった瞬間にメモツールを手に取ってCMの内容をメモに残す,という行為を繰り返すことで,「メモを取るスイッチを入れる」ということを頭と体に覚えこませるのが目的でした。

今回と次回は,はじめからメモを取るつもりでメモを取る,という状況の練習方法を紹介します。

本を読みながらメモを取る

はじめからメモを取るつもりでメモを取る,というのがどういう状況かというと,最も一般的なパターンは,本を読みながら,重要だと思うところや,気づいたことをメモに残す,というメモの取り方でしょう。本を読むときに,あらかじめ「大事なことはメモしよう」と考えて読み始める読書のしかたです。

これは,ちょっと考えると誰にでもできそうですね。興味のある本を読んで,何か思いついたり,ここは重要だと思うことがあったら"メモ帳"に書き取るなり,本に直接書き込んでしまったりすれば良いわけです。

ところが不思議なことに,これがうまくできない人が多いのです。

興味のある本は不適切

うまくできない理由の一つは,おかしな話ですが,興味のある本を読んでしまっているから,という点でしょう。あまりに興味がありすぎて,本を読むことに集中してしまい,メモを取るのを忘れてしまう。つまり,のめりこんでしまったために,先が気になって,どんどん先に進むことに気を取られてしまうのです。そういう場合は,メモを取るのを忘れてしまうことがあります。

これを練習でどうにかしようと思った場合,のめりこむような本を読んではいけない,ということになります。つまり,本を読みながらメモを取る練習をするには,興味がある本を使ってはいけない,ということです。

もちろん,練習ではなく実戦ならば,興味がある本,読む必要がある本を読みながら,メモを取ったり線を引いたりするわけですが,そのための練習をする場合には,のめりこんでしまうような,興味のある本を使ってはいけないのです。

突っ込みやすい本を読む

しかし,いくら練習とはいえ,内容に興味のない本を読むのは苦痛でしょう。興味がないと,理解するのも困難で,メモを取るべき箇所がわからない可能性もあります。そこで,メモを取る練習としては,興味はあるけれど著者の意見には反対,というタイプの本を読んでみるのです。

たとえば,メモ術やノート術の本は,いろいろな人が自分なりの方法を紹介する形で,数多く書店に並んでいます。その中から,目次をざっと眺めてみたり,中をパラパラとめくってみて,「これはちょっと,どうなんだろう」という感じがした本を読んでみるのです。

もちろん,メモ術やノート術の本でなくとも,自分が興味のある内容の本でかまいません。興味があるということは,ある程度は知識もあるでしょうから,書かれていることが自分の思考や嗜好にあっているかどうかは,判断できると思います。

ただし,この場合の対象には,小説などの文芸書はあまり向いていません。主にビジネス書などに代表される「何かのやり方を書いた本」が適しています。できれば,同様のテーマで複数の著者がそれぞれの観点から本を出している,選択の幅の広いジャンルがお勧めです。

メモを取る練習をするための本を選ぶ場合の観点としては,以下のようなものがあげられます。

  • 自分と考え方が逆
  • 踏み込みが甘い
  • 論理に矛盾がある
  • 今さら感が多い
  • どこかで読んだことがある

なんだか,この連載のことを言っているような気がしてきましたので,これ以上あげるのはやめておきますが,要は,突っ込みを入れやすそうな内容の本を読んでみる,ということです。そして,その突っ込みをメモしていけば良いのです。

もちろん,そんな中にも「おお,これは!」という考えが書かれていることがあるかもしれません。それはそれで,儲けものとしてメモしておきましょう。

著者プロフィール

マックライド

10年以上前に始め,すでに2年近く放置したままの「小説のようなモノの書き方」というサイトに,いまだに新規の読者がやって来ては,本人が忘れてしまったような点についてメールが送られてくるのが悩みの種。現在はブログに移植した「メモの達人への遙かなる道のり」をメインとして,日々役に立たないアイデアをメモに残している。

「小説のようなモノの書き方」
http://www2.cds.ne.jp/~macride/
「メモの達人への遙かなる道のり」
http://waytomemomaster.cocolog-nifty.com/

コメント

コメントの記入