確実に身につける!メモ術基本レッスン

第9回 擬似ユビキタス・キャプチャー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

そういえば,今まで何度かユビキタス・キャプチャーという名称を使っていましたが,何のことなのか説明をしていませんでした。詳しくは検索していただくとして,基本的には「日常のありとあらゆることをメモに残してしまおう」という考え方です。片っ端からメモに残して,最終的にそれを何に使うかは,個人の自由です。

すでにユビキタス・キャプチャーを実践している人も数多く見受けられますが,実際にやろうと思ってもなかなかできない,という人も大勢いるようです。難しいのは「何をメモすれば良いのかわからない」という点と,「ついついメモするのを忘れてしまう」という点だと思います。

テーマを決めてユビキタス

まずは「何をメモすれば良いのかわからない」という点の解消方法として,当たり前のやり方ですが,とりあえずひとつだけ明確なテーマを決めて,そのことに関しては何でもかんでもメモに残す,というやり方から入ることをお勧めします。

これまでにも何度か「メモの取り方に関してメモしてしまえ」というようなことを書いてきましたが,メモを取る練習,もしくはとっかかりとして,とりあえずそのときに興味のあることにテーマを絞ってメモをするというのは,最初のうちは有効な手段です。

テーマを決める場合に,まず気をつけていただきたいのは,「テーマは可能な限り絞りこむ」ということです。

興味があることに絞り込む

たとえば,大雑把に「ブログのネタ」というテーマでは,ブログそのものに明確なテーマがあれば別ですが,そうでなければ何がブログのネタになるのか,自分でも判断がつきにくいと思います。それよりも「メモ術・手帳術」とか「今日食べたもの」「思いついたギャグ」など,意識をポイントしやすいテーマの方が扱いやすいでしょう。

「メモ術・手帳術」をメモのテーマにするのは,本末転倒ではないか,という意見もあるかもしれません。もちろん,最後まで「メモ術・手帳術」だけでは,何のためのメモなのかわからなくなってしまいます(メモ術の研究を仕事にしているならまた話は別です)が,とっかかりとしてそのときに一番興味があることというのはテーマの決め方として大事なことです。

もし興味があることがなかったら,「何に興味を持てばいいのか」をテーマにしてみてください。とにかく,基本は「今一番頭の中を占めていること」です。ですから,なにもテーマをひとつに絞る必要もありません。2つ,3つと気になることがあるようなら,そのことで目についたこと,耳にしたこと,頭に思い浮かんだことはメモしていくようにすれば良いのです。

ただし,最初のうち,練習としては,あまりたくさんのテーマを設定することはお勧めできません。せいぜい3つか4つが限度でしょう。慣れてきたら,少しずつ増やすようにしてください。

情報は少なくないこと

もうひとつテーマ設定で気をつけていただきたいのは,「そのテーマに関する情報が少なくないこと」です。

テーマを決めたのはよいけれど,メモすべき情報にちっとも遭遇しない,ということでは,メモするチャンスがありません。逆に情報が多すぎてメモが追いつかない(そんな状況があるとは思えませんが),ということでも困ります。テーマに関する情報は,多すぎず少なすぎずがベストです。

しかし面白いことに,何かテーマを決めて,それに関してメモを残すぞ,と思ったとたん,意外と多くの情報が入ってくるようになります。自分の意識がそのテーマに向くため,今まで気がつかなかったことに気がつくようになるからかもしれません。

この「テーマを決めてユビキタス・キャプチャー」は,練習として行ってもかまいませんし,実践として行ってもかまいません。とりあえず,今気になっていることは,片っ端からメモしてしまいましょう。

著者プロフィール

マックライド

10年以上前に始め,すでに2年近く放置したままの「小説のようなモノの書き方」というサイトに,いまだに新規の読者がやって来ては,本人が忘れてしまったような点についてメールが送られてくるのが悩みの種。現在はブログに移植した「メモの達人への遙かなる道のり」をメインとして,日々役に立たないアイデアをメモに残している。

「小説のようなモノの書き方」
http://www2.cds.ne.jp/~macride/
「メモの達人への遙かなる道のり」
http://waytomemomaster.cocolog-nifty.com/

コメント

コメントの記入