ケータイで24時間Life Hacks! ~今こそ使い倒したいツール・サービス活用術

第1回 フルブラウザハック[前編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

皆様はじめまして。株式会社jig.jpの島田と申します。プライベートではケータイその他デジタルガジェットに四六時中触れていたいと願いながら,携帯電話向けアプリの新規企画などを仕事としています。

この連載では,もはやわれわれの生活に欠かす事の出来なくなった,『真のパーソナルコンピュータ』である携帯電話(本連載では,主に"ケータイ"と表記します)を活用して,皆さんの生活をより便利にするためのヒントを提供していきたいと考えています。

連載の第1回として,フルブラウザの概要について取り上げます。

フルブラウザとは

フルブラウザが何なのかを簡単に説明をさせていただきますと,ケータイからPC向けサイトを閲覧するソフトウェアがフルブラウザです。

(左)写真1 マイクロブラウザでヤフーモバイルを表示
(右)写真2 フルブラウザ(jigブラウザ) でヤフージャパンを表示

写真1 マイクロブラウザでヤフーモバイルを表示 写真2 フルブラウザ(jigブラウザ) でヤフージャパンを表示

ケータイには従来より,iモード用サイトなどを閲覧するためのマイクロブラウザと呼ばれるソフトウェアが提供されていましたが,マイクロブラウザにはPCのサイトを表示するための機能が備えられていませんでした。

フルブラウザを搭載したケータイは2004年に登場し,現在ではケータイの標準的な機能の一つとなっています。現在日本国内で利用できるフルブラウザは,内蔵タイプのNetFront,Operaや,Javaアプリタイプのjigブラウザ,ibisBrowserなどがあり,各社独自の工夫を凝らした製品を展開しています。

内蔵タイプとJavaアプリタイプを使い分ける

NetFrontやOperaに代表される内蔵タイプのフルブラウザの利点は,端末にプリインストールされているので簡単に利用が出来る,端末のメーラーなどの機能と連動して利用が出来るなどのメリットがあります。JavaScriptへの対応範囲も広いので,ケータイから気軽にPCサイトを閲覧したいというユーザーにとってオススメです。

Javaアプリタイプのフルブラウザは,端末にインストールされたアプリと,プロキシサーバ側でのプログラムが連動して動作するものが一般的です。内蔵タイプのフルブラウザと比較して,ページ閲覧の動作が高速,通信データを圧縮する事により,パケット料金を安くする事が出来る,RSSリーダーを搭載しており機能面で便利などのメリットがあります。反面,JavaScriptへの対応が万全で無かったり,アプリ提供元サイトからのダウンロード・有料登録が必要であったりという手間があります。

【主なフルブラウザと機能の比較】

 NetFrontOperajigブラウザibisBrowser
提供方法主に組み込み※1主に組み込み※1JavaJava
主な対応キャリアdocomo
SoftBank
WILLCOM
au
WILLCOM
docomo
SoftBank
WILLCOM
docomo
WILLCOM
主な利用料金無料無料630円(月額) 6,000円(年額)300円(月額)
3,000円(年額)
タブ表示一部機種で対応一部機種で対応
PCとのお気に入り連携×Opera Link / OperaサーバサービスSleipnirとのお気に入り連携/PCお気に入り管理オンラインブックマーク機能
RSSリーダー一部機種で対応OperaサーバサービスWebサービスで提供
JavaScript対応一部対応一部対応
端末メーラーとの連動××
パケット料金フルブラウザ料金※2フルブラウザ料金※2一般のメール
Webの料金※3
一般のメール
Webの料金

※1)スマートフォン向けにダウンロード提供も実施している。
※2) フルブラウザのパケット通信料は,一般のメール・Webとは異なりパケット定額制の上限金額が高くなる。
※3)ソフトバンクモバイル公式版のみ,『フルブラウザ料金』となる。

若干強引ではありますが,「ケータイからフルブラウザを気軽に利用したい」という方には組み込みタイプのフルブラウザを,「ニュースやBlogなどさまざまなPCサイトの情報にすばやくアクセスしたい」という方にはJavaアプリタイプのフルブラウザをオススメします。

筆者のフルブラウザの利用スタイルとして,jigブラウザを使ってサイトの検索,RSSリーダーからのニュース・Blogチェックを行い,jigブラウザで閲覧できないページについては内蔵フルブラウザ,あらかじめケータイサイトがあり,その内容が充実している場合はマイクロブラウザを利用するという使い分けをしています。

筆者がフルブラウザで閲覧している情報の中で,最も重要な情報は買い物をしている際に必要となる情報です。店頭で商品を前にして,別の店舗での販売価格や購入した方の声を参考にしたい時に,買い物中にフルブラウザを重宝しています。購入を検討している商品に対して,事前に十分な知識がある場合は不要なのですが,店頭で見かけたあまり詳しくないカテゴリの商品を購入する際などは,インターネットから知恵を借りることで,自分にあった商品選びをしています。

著者プロフィール

島田純(しまだじゅん)

晴海総合高校,明治大学を卒業後,jig.jpに入社し,jigブラウザなど,jig.jpの各種サービスの立ち上げに関わる。

PC,PDA,ケータイ辺りを守備範囲とする,典型的なデジタルガジェット好き。特に携帯できるガジェットが好きな,自称『ケータイ系デジタリアン』。今まで購入したデジタルガジェットで最も愛着があるのは,CLIE T650C。最近のお気に入りガジェットは,Advanced/W-ZERO3[es]

コメント

コメントの記入