実践!GTD~一歩先の仕事管理

第9回 営業職におけるGTD実践例

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

GTDを使っての毎日の仕事の仕方は?

前回までは,GTDの各ステップの詳細について説明してきました。しかし,仕事でGTDを当てはめようとすると,どうやったらいいのか分かりにくいものです。今回は,実際にGTDを仕事で活用している方の例を紹介します。

営業系Hさんの場合

私はmixi上で,GTD勉強会のコミュニティを運営しています。最近の勉強会では,GTDを実際に仕事で活用している人に講師を依頼して,その内容について紹介してもらっています。今回説明する実践例は,勉強会で紹介してもらったHさんの内容をまとめています。

Hさんの紹介

Hさん
年齢40歳
職種総合系営業職
管理ツールGTD+R・マインドマップ・超整理手帳
現在ツールの使用期間9ヶ月

GTDを紹介していたセミナーで知り合ったHさんは,全国各地を飛び回り,海外の赴任経験もある,とても忙しい営業マンです。そんな忙しい仕事を円滑に進めるために,Hさんは最近ではGTDを活用しています。具体的にはGTD+R,それを補助するツールとしてマインドマップと超整理手帳も用いています。

HさんがGTD+Rを実装に選んだのには,職種が大きく関係しています。Hさんは営業職であり,作業場所が社内だけでなく社外など多岐に渡ります。以前にはGTDStyleWikiなどの電子ツールを使ったこともありましたが,破綻してしまいました。電子ツールでタスクを管理すると,項目を反映したり等の管理作業が煩雑になるからです。Hさんは,電子ツールから離れてアナログツールを使うことで,問題を解消しました。また,Calendarリストには,超整理手帳を使っています。超整理手帳の理由は,半年のスパンでもスケジュールを一覧することができるためです。

Hさんの実装内容をGTDのリストにまとめると,次のようになります。

  • Inbox ― A4のスタッキングトレー・ロディア
  • Referenceリスト ― ファイルボックス+A4封筒
  • Somedayリスト ― GTD+R
  • Projectリスト ― GTD+R
  • WaitForリスト ― GTD+R
  • Calendarリスト ― 超整理手帳・43Folders
  • NextActionリスト ― GTD+R

以降は,各ツールの詳細と,毎日のサイクルでどのように当てはめて使っているのかを紹介します。

紹介する上での名称について

紹介する前に,名称についてまとめておきます。

GTD+Rについて

GTD+Rは,opakenさんこと太田憲治さんの考えたGTDの実装の一つです。詳しくは(太田さんのサイトのeXtreme GadgetでのGTD+Rの記事やgihyo.jpの太田さん自身の連載のGTDでお仕事カイゼン!を参照ください。

ロディアのシート

GTD+Rはロディアを使ってGTDを行うやり方です。このうち,ロディアの一枚一枚の紙を「シート」という名称で統一します。

タスクシート

タスクシートは,形状はロディアのシートで,尚且つタスク項目が記入された状態を示しています。GTDの処理ステップ前かどうかは,特定しません。

ポケット

ポケットは,GTD+R中でタスクシートをGTDリスト別に管理するためのものです。1リスト=1ポケットです。

著者プロフィール

nomico(のみこ)

GTDジャンキー。IT系企業に勤めて仕事にアップアップの日々に,藁をも掴む気持ちで始めたGTDに味をしめ,その後突っ走って過ぎること1年半。研鑽内容についてはブログのworks4Lifeにて展開中。現在は,GTDの理解を日本で深めるためにmixiでGTD勉強会も開催している。好きなウェブサービスやソフトウェアを使い倒す癖あり。目下の興味はEvernoteとDiigo。最近はプロジェクタとストールがほしい。

work4Lifehttp://works4life.jp
GTD勉強会http://mixi.jp/view_community.pl?id=3013597

コメント

コメントの記入