ライフハック・プラクティス ~仕事の生産性を上げる習慣~

プラクティス:5「約束をする」

2008年6月16日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

行動への近道

「小さな約束」

私たち人間には,成功体験が必要です。

まずは,自分から口にした小さな約束から守るように心がけましょう。約束を守ったことが達成感につながり,次からも約束を守りたくなります。

「結果が全てじゃない」

約束したことが全て成功するわけではありません。失敗した=約束が守れなかったではありません。

精一杯やったというプロセスが大事です。約束を守るためにした努力は必ず報われます。

「相手の顔を思い浮かべる」

約束した相手のことを忘れてはいけません。途中経過を報告してみましょう。約束したことを助けてくれたり相談にのってもらえる存在になるはずです。

こんな時に役立つ

夢を現実にする

「約束した時点で夢から現実に変わります」

夢を現実のものにするためには約束をすることです。

夢を手帳に書く人がいますが,手帳に書いただけでは夢のままで終わってしまいます。

夢とは,誰かに話して自分自身へ約束することで現実になります。

「いつまでにこの夢をかなえるんだ。」と夢を語れる友人や家族に宣言しましょう。

期日が決まった夢は,目標になります。目標達成のために,プランを考えなければいけません。プランができれば行動に移していくでしょう。

遠い将来の理想を追いかけるだけでは,いつまでたっても夢は夢のままです。近い将来の目標を約束するようにしましょう。

例えば,10年後にアイドルになると友人に夢を話したところで,

「そうなったらサインちょうだいね」

と言われるだけで,冗談話で終わってしまいます。

半年後にオーディションを受けて芸能プロダクションに入るという夢を語ると

「どこの芸能プロダクションがいいの?」

と聞かれます。

これが,夢から予定になった瞬間です。半年後の予定表に「○○プロダクションに入る」と書いておけば,明日からこの夢を叶えるための行動をするようになります。

コラム(お祝いをする)

約束を守るというのは,大変労力がいるものです。

約束を守って目的を達成できたなら,頑張った自分自身に小さなお祝いをしてあげましょう。

いつもよりも少し高価な食事をしたり,欲しかったCDを自分自身に買ってあげるのです。

約束を守ることは,嬉しいことなんです。

落とし穴に注意

プラクティス:1「記憶にたよらない」で紹介しましたが,ちょっとした口約束でもメモをしておきましょう。約束したこと自体を忘れないように。

プラクティス:8「失敗を恐れない」で紹介しますが,失敗することばかり考えていては約束ができなくなってしまいます。

著者プロフィール

太田憲治(おおたけんじ)

アジャイルスピリッツで仕事を効率よく進めるブログ「eXtreme Gadget」を運営するほか,仕事に役立つWebサービスの開発を行っている。代表的なものに「StartCommand」「D3timer」がある。関西ライフハック研究会のコミュニティも主催している。gihyo.jpで「GTDでお仕事カイゼン!」の連載を執筆。共著として「Life Hacks PRESS Vol.2」もある。

URLhttp://gadget.cre8system.jp/

ピックアップ

ヒューマンリソシアのGITサービスが目指す,時代にアジャストするエンジニアチームの作り方

アフターコロナにおけるエンジニアチームの作り方,グローバルな視点でのエンジニア獲得と開発とコミュニケーションの在り方について取り上げます。

LINE テクノロジー&エンジニアリング大全

「LINE DEVELOPER DAY 2020」より,注目すべきテクノロジー,エンジニアリングをピックアップし,詳説インタビューを実施しました。

プロダクト思考で開発が進む「みてね」の今とこれから~みてねの生みの親笠原健治氏,開発マネージャ酒井篤氏が考える,プロダクトとエンジニアリングの素敵な関係

「家族アルバム みてね」を支えるエンジニアリングについて,開発体制やプロダクトの開発・運用,これからのビジョンについて伺いました。

自分の証明と持続的な学びがこれからのDX人材の鍵を握る ~A-BANKが考えるDX人材バンクの在り方とは?

2020年11月にスタートしたA-BANKの人材バンク。評価・育成・紹介の一体型人材紹介から見える,これからの人材エコシステムに迫ります。

APIゲートウェイとサービスメッシュの違い

APIゲートウェイとサービスメッシュの,それぞれの概要とユースケースを紹介し,いずれを使用するかの判断の指針となるチートシートを提供しています。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->