ライフハック・プラクティス ~仕事の生産性を上げる習慣~

プラクティス:7「新しいことを始める」

2008年7月4日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

行動への近道

三日坊主指向

よく三日坊主という言葉を使います。三日以上続くことができれば,それ以降はある程度慣れがでててくるので,そこまでは頑張ろう。といった継続のためのボーダーラインとして使います。

しかし,三日坊主になってはいけない。だから「最初からやらない方がマシだ」と考えてしまい,逆の意味で三日坊主という言葉が敷居を高くしてしまっているケースがあります。

でも本当は,何もしないのが一番よくないのです。

筆者は,三日坊主の考え方を変えています。

三日目に続けるかどうかを決めることにしています。

とりあえず三日だけやってみて,うまくいかなかった場合は,あっさりと止める決断をします。ここで重要なのが,ズルズルいつの間にかやめてしまわないことです。

これが三日坊主指向です。三日坊主を繰り返していると,それだけで新しいことをたくさんチャレンジしたことになります。

うまくいかないと最初から決め付けるより,うまくいかないかどうかをたくさん試せばいいのです。

チャレンジカード

新しいことをチャレンジするには勇気が必要です。その勇気をたたえてチャレンジしたことを記録しておきましょう。

筆者が使っているのは,ブランクフェイスカードというトランプです。通常のトランプは数字が書かれていますが,ブランクフェイスカードは数字の面がブランクになっています。

このブランクの面に,チャレンジしたことを1チャレンジ1カードとして油性マジックで記入していきます。

カードを見れば,自分が今までチャレンジしてきたことが分かります。チャレンジすることが楽しくなります。もっともっと新しいことがやりたくなるはずです。

今からやる

来週からやろうとか,明日からやろうと考えてはダメです。⁠思いついたら今からやる!」ことが,新しいことをやりはじめる秘訣です。

「鉄は熱いうちに打て」ということわざにもあるように,やりたいと思った瞬間に行動に移すのです。

ほとんどの場合,来週からやろうと決めていてもやり始めることができません。それは,時間が経つにつれて意欲が薄れてくるからです。

最も気持ちが高ぶっている瞬間に「今からやる!」と心に決めましょう。

こんな時に役立つ

趣味を増やす

新しいことを始めていると,そのことが好きになって趣味にしたくなる時があります。

趣味を増やすには,少しでも面白そうだなと思ったことをチャレンジすることです。

趣味は心を豊かにして人生を楽しくしてくれます。

コンテストにチャレンジ

普段から新しいことにチャレンジしていると勇気を出す自信がついてきます。この勇気をもっと外に向けて,コンテストにチャレンジしましょう。

最近では,優勝賞金100万円ぐらいのコンテストが開催されています。コンテストは,自分の実力をためす良い機会です。そして何よりもコンテストに作品を出すと大きな自信にもなります。

入賞しなかったとしても,チャレンジしたことが自分へ必ずプラスになると思います。

Webエンジニアやクリエイター向けのコンテストでは,Mashup Award 4thが現在開催中(2008.6.3 - 2008.9.16)ですので,チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

悪い習慣を断ち切る

新しいことの裏返しは,悪い習慣を断ち切ることです。

例えば,メタボ気味な身体を自覚して,間食を止めて毎朝ジョギングにチャレンジするなどです。⁠間食をする」といった悪い習慣を断ち切るために,⁠毎朝ジョギングする」という新しいことを始めるのです。

止めたいと思うことがあれば,それに変わる新しいことを始めましょう。

コラム(Social change starts with you)

角谷さんがKent Beckにサインをもらった時に言った言葉

「Social change starts with you」

平鍋さんのブログで見た時,心に響きました。

「自分が変わることで社会が変わるんだ。」

自分が新しいことを始めることで社会に何らかの影響を与えていると思えば,ワクワクしてきますね。

周りを変えるには,まずは自分からやってみるのです。

落とし穴に注意

プラクティス:5「約束をする」で紹介しましたが,何か新しいことを始める時に人と約束することでそれを現実することができます。自分がやりたいと思ったことをできるだけ,多くの人に公言しましょう。

プラクティス:6「楽しさを加える」で紹介しましたが,楽しくなければ続きません。継続するために自分が楽しいと思えるスパイスを加えましょう。

プラクティス:8「失敗を恐れない」で紹介しますが,最初から失敗したらどうしようとばかり考えていては新しいことを始められません。まずは一歩踏み出してから,成功させるためにどうすればよいかを考えましょう。

著者プロフィール

太田憲治(おおたけんじ)

アジャイルスピリッツで仕事を効率よく進めるブログ「eXtreme Gadget」を運営するほか,仕事に役立つWebサービスの開発を行っている。代表的なものに「StartCommand」「D3timer」がある。関西ライフハック研究会のコミュニティも主催している。gihyo.jpで「GTDでお仕事カイゼン!」の連載を執筆。共著として「Life Hacks PRESS Vol.2」もある。

URLhttp://gadget.cre8system.jp/

ピックアップ

自分の証明と持続的な学びがこれからのDX人材の鍵を握る ~A-BANKが考えるDX人材バンクの在り方とは?

2020年11月にスタートしたA-BANKの人材バンク。評価・育成・紹介の一体型人材紹介から見える,これからの人材エコシステムに迫ります。

APIゲートウェイとサービスメッシュの違い

APIゲートウェイとサービスメッシュの,それぞれの概要とユースケースを紹介し,いずれを使用するかの判断の指針となるチートシートを提供しています。

LightningChart® Traderによるテクニカル分析と証券取引アプリケーションの開発

証券取引アプリケーションの開発プロセスを大幅に簡素化するLightningChart® Traderのビルドイン機能について紹介します。

福岡を,もっとエンジニアが働きやすい街へ!~第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワードレポート

2020年1月31日と2月1日に開催された『第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワード』表彰式で表彰された,4団体と2企業の取り組み,受賞者のコメントをお伝えします。

コードの安全性・安定性を高める開発サイクル~テスト管理の効率を上げ,脆弱性診断を自動で行う~

本連載では,連載「業務を改善する情報共有の仕掛け」を受けつつ,安全性・安定性を加えた開発サイクルについて考えていきます。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->