ライフハック・プラクティス ~仕事の生産性を上げる習慣~

プラクティス:11「車間距離をとる」

2008年7月31日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

こんな時に役立つ

遅れを防ぐ

予めバッファ時間を考慮して計画していれば,全体のスケジュールが緩やかになります。

1つの作業が多少遅れたとしてもバッファ時間で吸収できるので,遅れを防ぐことができます。

しかし,バッファ時間と本来予定していた作業時間とを一緒に考えてはいけません。

バッファ時間は最終の砦であると認識しておかないと遅れが発生してしまいます。

例えば,作業時間が2時間でバッファ時間を30分取る場合,工程表などに2時間30分の線を引いてはいけません。

2時間の線を引いて,30分は空けておくか点線などを引き,区別するようにしましょう

そうすることで,作業をしている最中にバッファ時間まで食い込んでいるのかが把握できます。自分に当初の想定時間よりも遅れていることを認識させて,注意勧告をすることが重要です。

遅れてもリカバリーできるようにバッファ時間を予めとっておけば,全体が遅れることを防げるのです。

問題を早期発見する

集中して作業にとりかかっていると,小さな問題に気付かない場合があります。その小さな問題も野放しにしておくと,大きな問題に発展してしまいます。

これは病気と同じです。発見が遅れれば命にかかわってしまう病気でも,早期発見すれば助かる確率も高くなります。

その為にも定期健診を受けて,小さな問題を見つけることが大切です。

バッファ時間は,この定期健診のようなものです。

「今までの作業に見落としが無かったか?」

「やり残していることはないか?」

などを確認しておくことで,問題を早めに見つけることができます。

仕事の品質を向上させるためにも,バッファ時間を使って仕事の見直しをしましょう。

コラム(リファクタリングする習慣)

ソフトウェアを開発しているといつの間にかソースコードが冗長になり,理解や修正が難しくなっていきます。

この問題を改善するためには,ソフトウェアの外部的な振る舞いを変えずに内部構造だけを見直す「リファクタリング」を行います。

リファクタリングをしておけば,可読性・メンテナンス性が向上し,将来の仕様変更に柔軟に対応できるようになります。

しかし,リファクタリングの必要性は理解しているものの,実際にリファクタリングする時間をとることができない人も多くいます。そういった場合は,バッファ時間をリファクタリングするための時間として割り当てましょう。

とりあえず動けばいいと勢いで開発してしまったソースコードも残りのバッファ時間でリファクタリングすれば,ソースコードの質が向上します。

もちろん,リファクタリングするためには,テストケースを用意しておき,テストを自動化する仕組みを作っておくことが必要です。

リファクタリングについては,「実演!リファクタリング⁠⁠ WEB+DB PRESS Vol.37特集 特設ページの実演ムービーが参考になります。

落とし穴に注意

プラクティス:10「時間割を作る」で紹介しましたが,タイムボックスを決めて作業を小さな単位に分割しておかなければ,バッファ時間で吸収しきれなくなってしまいます。

プラクティス:2「締切を意識する」で紹介しますが,残り時間を常に意識しておかなければ,せっかく車間距離をとっていても気付かずにぶつかってしまう危険があるので注意しましょう。

著者プロフィール

太田憲治(おおたけんじ)

アジャイルスピリッツで仕事を効率よく進めるブログ「eXtreme Gadget」を運営するほか,仕事に役立つWebサービスの開発を行っている。代表的なものに「StartCommand」「D3timer」がある。関西ライフハック研究会のコミュニティも主催している。gihyo.jpで「GTDでお仕事カイゼン!」の連載を執筆。共著として「Life Hacks PRESS Vol.2」もある。

URLhttp://gadget.cre8system.jp/

ピックアップ

自分の証明と持続的な学びがこれからのDX人材の鍵を握る ~A-BANKが考えるDX人材バンクの在り方とは?

2020年11月にスタートしたA-BANKの人材バンク。評価・育成・紹介の一体型人材紹介から見える,これからの人材エコシステムに迫ります。

APIゲートウェイとサービスメッシュの違い

APIゲートウェイとサービスメッシュの,それぞれの概要とユースケースを紹介し,いずれを使用するかの判断の指針となるチートシートを提供しています。

LightningChart® Traderによるテクニカル分析と証券取引アプリケーションの開発

証券取引アプリケーションの開発プロセスを大幅に簡素化するLightningChart® Traderのビルドイン機能について紹介します。

福岡を,もっとエンジニアが働きやすい街へ!~第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワードレポート

2020年1月31日と2月1日に開催された『第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワード』表彰式で表彰された,4団体と2企業の取り組み,受賞者のコメントをお伝えします。

コードの安全性・安定性を高める開発サイクル~テスト管理の効率を上げ,脆弱性診断を自動で行う~

本連載では,連載「業務を改善する情報共有の仕掛け」を受けつつ,安全性・安定性を加えた開発サイクルについて考えていきます。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->