ライフハック・プラクティス ~仕事の生産性を上げる習慣~

プラクティス:16「そうじ力を身に付けて気持ちよく仕事をする」

2008年10月15日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

行動への近道

良い空気を取り入れる

職場(部屋)を換気してみましょう。外気を入れて日光や風にふれることで,気持ちが和らぎます。

仕事がうまくいかない時こそ,気持ちが悪い方向にばかり向いてしまっています。この気持ちの悪循環を変える方法こそ,換気なのです。

換気をして外の空気を吸いながら深呼吸をしてみましょう。モヤモヤしている気持ちが洗われていくはずです。

とくに,オフィスビルの中で仕事をしていると外の空気や光にふれることがなくなってしまいます。

「最近,日の光を浴びていないな」

と感じたら,休憩時間にでも外を軽く散歩してみることをおすすめします。

散歩から帰ってきたときには,気分よく仕事ができるようになっているはずです。

拭き掃除をしてから仕事にとりかかる

毎朝,仕事初めに机の上を拭きましょう。

机の上のモノを全てどかして(椅子や机の下に非難させて⁠⁠,何も無い状態を作ってから雑巾で机を拭くのです。

そして,どかしていた書類や備品を元にもどしてください。その時に山積みにならないように置きましょう。

こうすれば,綺麗な机で仕事が始められるので気持ちがよくなるのと,昨日までの仕事の整理が必然的に行われるので一石二鳥の効果があります。

昨日と同じ机の状態だと,今日の仕事もその続きで資料などを上から山積みにしてしまいます。

しかし,机の拭き掃除を行うことで,昨日までの仕事が一旦整理されるので,今日の仕事がとりかかりやすくなるのです。

こんな時に役立つ

いいモノを作る姿勢

2つのレストランがあって片方のレストランのトイレが汚かったら,同じ料理を出されたとしてもトイレが綺麗だったレストランの方が美味しかったと感じるでしょう。

これは飲食店に限った話ではありません。

身の回りを綺麗にできるいうことは,細かいところにまで気配りができるということです。

綺麗な場所で,気持ちの良い環境で作られた製品やサービスは,いいモノにつながっていくはずです。

コラム(定期的にゲストを招待する)

掃除をやろうと思っても,ついつい後回しになってしまいます。

そこで,1つだけ掃除を確実にやる方法があります。

「明日,友達が家に遊びにくる」となると,大慌てでいらないものを捨てたり,拭き掃除をしたり,花を飾ったりしますよね。

このように掃除をしないといけない状態を作ってしまえばよいのです。

定期的にゲストを招いて,自分のデスクを見てもらうようにするのです。そうすれば,汚いままではいけないという気持ちになるはずです。

こんな職場で仕事をしていますとお客さんにアピールする機会を作ってもよいでしょう。

落とし穴に注意

プラクティス:3「メモはためない」で紹介しましたが,定期的にメモや書類をレビューしておき,ためないようにしておくことが重要です。

プラクティス:6「楽しさを加える」で紹介しましたが,達成感を味わえる仕掛けをつくることが大事です。掃除をするとシールを貼るなど工夫してみてください。

著者プロフィール

太田憲治(おおたけんじ)

アジャイルスピリッツで仕事を効率よく進めるブログ「eXtreme Gadget」を運営するほか,仕事に役立つWebサービスの開発を行っている。代表的なものに「StartCommand」「D3timer」がある。関西ライフハック研究会のコミュニティも主催している。gihyo.jpで「GTDでお仕事カイゼン!」の連載を執筆。共著として「Life Hacks PRESS Vol.2」もある。

URLhttp://gadget.cre8system.jp/

ピックアップ

LightningChart® Traderによるテクニカル分析と証券取引アプリケーションの開発

証券取引アプリケーションの開発プロセスを大幅に簡素化するLightningChart® Traderのビルドイン機能について紹介します。

福岡を,もっとエンジニアが働きやすい街へ!~第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワードレポート

2020年1月31日と2月1日に開催された『第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワード』表彰式で表彰された,4団体と2企業の取り組み,受賞者のコメントをお伝えします。

「LINE DEVELOPER DAY 2019」レポート

11月20日と21日の2日間開催された技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY 2019」。多くの興味深いセッションの中からセレクトしたレポートをお届けします。

コードの安全性・安定性を高める開発サイクル~テスト管理の効率を上げ,脆弱性診断を自動で行う~

本連載では,連載「業務を改善する情報共有の仕掛け」を受けつつ,安全性・安定性を加えた開発サイクルについて考えていきます。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->