サンフランシスコで昼食を

第6回 国内外でのプレゼン技術

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

まだまだ大変アメリカ生活

アメリカに本格的に引越してきて2ヶ月が経ちました。とはいえ,年末には日本に2週間ほど一時帰国していて,その後戻って部屋探しを再開したので,実質本稿を書いてる今が引越しの真っ最中という感じです(まだ部屋にネットが来ていないので,オフィスに休日出社して書いています…)。

日本の「まわりがなんでもやってくれる」的な手続き社会に比べると,こっちは「なんでも自分でやる」的な風土が強く,また何をするにも結局最後は電話で交渉,みたいなところに落ち着きがちで,なかなか慣れずにストレスが溜まったりしますが,これも最初はしょうがないことなんでしょうね。

米→日 リモートでのプレゼン

渡米してきていきなりの休日だったThanksgiving Holidaysに,日本で行われた「XML開発者の日」というイベントに参加しました。もちろん自分の体はアメリカにあるので,実際に出席したわけではなく,ネットを使ったプレゼンテーションをしてみました。

リモートでのプレゼンを行うにはいくつか方法があるかと思いますが,今回はUS本社で全体会議を行う際にも使用している,AdobeのMacromedia Breeze注1とSkype注2を併用して行ってみました(US本社はサポート人員が東海岸やシアトルなどからSOHOで参加するために,リモートプレゼンテーションツールを利用しています)。

リモートプレゼンテーションの様子

リモートプレゼンテーションの様子

アメリカと日本の太平洋をまたいでいるので遅延などが若干心配でしたが,1回接続が途切れてしまった以外はほとんど順調で,こちらからのビデオ,音声,PowerPointスライドの同期や,会場からのフィードバックなども問題なく受け取ることができました。インターネットの進歩に感動しながらも,これで「日本にいないので」という理由でプレゼンを断れなくなってきたなぁと,変な心配をしてしまいます。なお,カンファレンスでのプレゼンの内容は,YouTubeでxmldevdayと検索注3すると一部を観ることができます。

「XML開発者の日」で使用したスライドの例。英文フォントはtrebuchet MS,和文フォントはヒラギノゴシックを使用しています

画像 画像 画像
注1)
http://www.adobe.com/products/breeze/
注2)
http://www.skype.com/intl/ja/
注3)
http://www.youtube.com/results?search_query=xmldevday

聴衆の心をつかむプレゼンとは

最終回となる今回ですが,このところプレゼンの話が続いているので,『聴衆の心をつかむプレゼンをするには?』という話を少しだけ。国内外問わず,自分がプレゼンするときに気をつけているのは,簡単に言うと「自分自身が楽しむ」「聞いている人が飽きないための工夫をする」ということになるかと思います。

自分自身が楽しむ

プレゼンにおいて,話者のトーンというのは大事です。つまらなそうに話していたり,スライドに書いてある内容を読んでいるだけでは,聞いているほうも楽しくありません。自分に過度のプレッシャーをかけず,またそのためには自分自身がどういうプレゼンをしたいのかを客観的に理解しておく(リハーサルなど)ことが大事だという気がします。これはもちろん,場数を踏むことで慣れていく部分でもありますね。

私は(多くのハッカー・ギーク系のプレゼンターと同様に)スライドを書き始めるのがとても遅く,ひどい場合は前日の24時をまわったぐらいに作成を始めて朝に終え,一休みしてプレゼンにのぞむ,なんてことをよくやっています。これは典型的な一夜漬け体質に起因するのはもちろんですが,ポジティブにとらえると,

前日の夜に書く
→内容が新しい,時事ネタなどを入れることができる
→話している本人にとってもフレッシュ。また内容を覚えきっていないので適度な緊張感を持続しながらプレゼンできる

というメリットがあります。特に私がYAPC(Yet Another Perl Conference)やOSCON(Open Source Convention),XML開発者の日などでやってきたPlaggerの紹介のトークは,ともすれば毎回同じ内容になりがちで,聴衆のみならず話をしているほうも退屈になってしまう可能性がありますが,このように前回のスライドをベースにしながら,新しい内容を直前に入れてアップデートする,という手法をとることで,その問題を回避できていると思います注4)。

注4)
まぁ,これはいつも直前に書き始める自分への言い訳でもあるわけですが。

著者プロフィール

宮川達彦(みやがわたつひこ)

1977神奈川県生まれ。東京大学理学部卒業後,2000年に(株)オン・ザ・エッヂ(現(株)ライブドア)入社,執行役員Chief Technology Architectとして開発などに携わる。2005年よりシックスアパート(株)に入社,現在は米Six Apart, Ltd.に勤務。ニュースコンテンツの再配信サービス「Bulknews」やフィードアグリゲータ「Plagger」の作者であり,日本を代表するPerlハッカーの一人。カンファレンスでの発表だけでなくイベントも数多く運営するなど,精力的に活動している。個人ブログはhttp://blog.bulknews.net/mt/など。

コメント

コメントの記入