シモダテツヤのIT四コマふんわり劇場

第5回 採用面接最前線

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

前職の面接のとき,何故かいきなり社長面接だったんです。

正直何したらいいのかわかんなくて,社長が坊主だったから「触ってもいいですか」と交渉し,2,3分間,撫でさせてもらったんですが見た目以上にジョリジョリしてました。

柔らかい木なら削れるような感じのジョリジョリ感だったので,やっぱり人の上に立つ人の坊主は木なんてものともしないんだと感心したものです。

その後,入社試験でサービスのバナー広告を作るという課題をもらったのですが,何をしていいのかわからずに,サービスのマスコットキャラクターが赤子をカニバリズムしてしまったせいで社会問題化。経営陣が記者会見にて深々と頭を垂れて謝罪するというアニメーションGIFを制作したら採用していただきました。

「あんな失礼な奴は入れるな」

社長以外は大反対の中で入社が決まった僕は,入社日初日にタイムカードの前でコメツキバッタのように深々とお辞儀しながら働き始めました。嫌われたくなかったからです。

また来週。

著者プロフィール

シモダテツヤ

株式会社バーグハンバーグバーグ

あたまゆるゆるインターネット - オモコロ」の編集長。

株式会社paperboy&co.で「ロリポップ!」のマーケティングや他サービスの立ち上げを経験した後,2010年5月,同社を退社。その後,株式会社バーグハンバーグバーグを立ち上げ代表取締役に就任。開業初日から遅刻した。

コメント

コメントの記入