シモダテツヤのIT四コマふんわり劇場

第32回 不謹慎だと思われないために

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

最近,⁠○○○を連想させる!けしからん!」と不謹慎を叱るブームが日本に到来しているらしいので,今回の漫画の主人公が埋まっている人でなく,生首だと間違えられたら困るので,まわりに土っぽい物を描き足しておきました。掘ってるよアピールです。掘ってます。

これで想像力豊かな方も,この漫画の主人公がIT系の会社を受けるために面接会場やってきて,そこで自分の肩くらいまで埋まる穴を掘って自己アピールをしたという一連の流れがわかると思います。

ネタを説明することほど野暮なことはないのですが,この非常時に誤解を招いてはさらに大変なことになると思いましたので,今回に限っては説明をさせていただきました。

あと,すいません,耳を描き忘れました。

編集部注
描き忘れとか,普通ないですから。けしからん!

著者プロフィール

シモダテツヤ

株式会社バーグハンバーグバーグ

あたまゆるゆるインターネット - オモコロ」の編集長。

株式会社paperboy&co.で「ロリポップ!」のマーケティングや他サービスの立ち上げを経験した後,2010年5月,同社を退社。その後,株式会社バーグハンバーグバーグを立ち上げ代表取締役に就任。開業初日から遅刻した。

コメント

コメントの記入