シモダテツヤのIT四コマふんわり劇場

第45回 CGの板東英二

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

巷で話題になっている「架空のCGアイドルをAKB48に新規加入させるアイスの実のプロモーション」⁠僕は,その企画から推し面メーカーからランキングから全部おもしろいなあとワクワクしながら見ておったのですが,世の中では賛否両論が巻き起こってるようで,中には,先行して展開されていたテレビCM(当時はまだCGだとネタばらしされてない)のやり方に,「誰にでもCGだとわかるようにこれはCGですという表記を入れるべきだ」という意見まで出てたようです。

個人的には,そういったプロモーションは騙されても純粋に楽しめるものだと思いますし,そんな表記を入れるということは,手品師がネタばらしした後に箱に入り身体中を剣で刺されるショーを繰り広げるような無粋なものだと思うのですが,やはりプンプン怒る方がいらっしゃる以上,プランナーは,そのプンプンする方達に合わせたプロモーションの見せ方も考えていかなければならないのかもしれません。

今後は板東英二がCMに出ていたら「この板東英二はCGではありません」と下の方に注意書きを表記するべきだし,板東英二がアイスの実を食べていたら「アイスの実を食べているのはCGではないほうの板東英二です」と表記しなければなりません。見ている人が「この板東英二はCGなのかCGじゃないのかわからないから気が狂いそうだ」となるからです。これは大変だ。板東英二を見る度に疑心暗鬼になる。

編集部注)
僕はシモダさんの原稿に疑心暗鬼です。

著者プロフィール

シモダテツヤ

株式会社バーグハンバーグバーグ

あたまゆるゆるインターネット - オモコロ」の編集長。

株式会社paperboy&co.で「ロリポップ!」のマーケティングや他サービスの立ち上げを経験した後,2010年5月,同社を退社。その後,株式会社バーグハンバーグバーグを立ち上げ代表取締役に就任。開業初日から遅刻した。

コメント

コメントの記入