シモダテツヤのIT四コマふんわり劇場

第83回 オシャレおばさんと私

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

最近仕事で自分の母親くらいの歳のオバサンが全裸で飛び跳ねたり,遊具で楽しそうに遊んだり,虫取りをしたりするイラストを描くという仕事がありました。

乳首まるだしで,パンティーも履かないで,とにかく元気いっぱいハッチャけてるオバサンです。

ふとカレンダーを見ると,あと2週間ほどで僕の誕生日。もうすぐ31歳になるようです。

31歳にもなって毎日毎日全裸のオバサンのイラスト制作。しかも僕がそのモンスターのことを「オシャレおばさん」なんて名付けてしまったせいでシェアオフィスの我が社でも大きな声で名前を声に出すことが可能になってしまい,社員から「そろそろ締切が近いのでオシャレおばさんのイラストお願いします!」なんてつつかれたりするようになりました。


社員よ,わかってくれ。


忘れていて遅れていたんじゃないんだ。描きたくないから遅れていたんだ。

そのようにゆっくりと,丁寧に説明しても「早くしてください」と言われ,泣く泣く木にへばりついたカブトムシを手で引き剥がそうとするオシャレおばさんのイラストを描いております。

<追記>

そうこうしていたら,別の社員から別のオバサンのイラストを描く仕事を依頼されました。

2012年,今のとこ僕は,裸のオバサンと裸じゃないオバサンの絵を描いてメシを喰っています。

編集部注:
今度このコラムでもオシャレおばさんを描いてね。

著者プロフィール

シモダテツヤ

株式会社バーグハンバーグバーグ

あたまゆるゆるインターネット - オモコロ」の編集長。

株式会社paperboy&co.で「ロリポップ!」のマーケティングや他サービスの立ち上げを経験した後,2010年5月,同社を退社。その後,株式会社バーグハンバーグバーグを立ち上げ代表取締役に就任。開業初日から遅刻した。

コメント

コメントの記入