シモダテツヤのIT四コマふんわり劇場

第88回 砲丸ビジネス

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

最近,鏡を見る度に妖怪百目みたいなものが映るので,昔通っていたスポーツジムに再び通い始めることにしたのですが,今回のはちょっと気合を入れようと思いトレーナーを付け,食品もカロリー計算されたレトルト食品のパックを1ヵ月分購入することにしました。

というのも,学生時代はずっと帰宅部。いまだにスポーツが大嫌いでサッカーも野球も水球もポートボールも何が楽しいのか理解できない僕はトレーニングの方法なんて知るはずもなく,以前通っていたときは「なんか多めにやればいいだろう」という適当なトレーニングを行ってしまい,痩せマッチョではなく妙に筋肉がパンプアップしてミニ室伏みたいになってしまったので今回は砲丸を投げなさそうな身体作りにチャレンジしようと思ったわけです。

というわけで,1ヵ月後,僕が見事に水泳選手みたいな身体を手に入れてたらクライアントにプレゼンに行って企画を説明するときに「たとえば水泳選手の場合ですと……」といった比喩を多様して案件を落としまくることになっているかと思いますし,もしまた去年のようにパンプアップしてミニ室伏になっていたら会社事業を砲丸の訪問販売にシフトチェンジしようと考えております。

もちろんただの砲丸がボンボコ売れる時代ではないのは百も承知ですので,食べられる砲丸や,下痢気味のときにケツの穴につっこんで栓の代わりにできる砲丸,投げて人に当たった場合2分の1の確率で死ぬ砲丸など,さまざまなニーズに合わせた砲丸の開発を行っていこうと思っておりますので,これを見ている室伏選手からのご連絡お待ちしております。

編集部注:
ゴールデンウイークでおやすみ。

著者プロフィール

シモダテツヤ

株式会社バーグハンバーグバーグ

あたまゆるゆるインターネット - オモコロ」の編集長。

株式会社paperboy&co.で「ロリポップ!」のマーケティングや他サービスの立ち上げを経験した後,2010年5月,同社を退社。その後,株式会社バーグハンバーグバーグを立ち上げ代表取締役に就任。開業初日から遅刻した。

コメント

コメントの記入