シモダテツヤのIT四コマふんわり劇場

第122回 「お金が教えてくれること」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

漫画に描いたとおりのことが起こりました。

僕の前職の初代社長である家入さんが「お金が教えてくれること」という本を出したので発売日よりも結構遅れて購入したのですが,狙いすましたかのようにその翌日,会社のデスクに献本が。

ありがたい。確かにありがたいのですが,4日間メシを抜き,お風呂のイスに代表される家財道具を売り捌いて作った1,300円で購入したというのに,結果2冊も持つはめになってしまったのでもう1冊の使い方を途方に暮れながら模索しております。

「知り合いが本を出したら我慢強く献本を待て」

そう,お金が教えてくれました。

誰か1,400円で買いませんか? 今なら野茂英雄のサインも付いてきます。あとシンナーを吸いすぎて歯がボロボロになった松井秀喜のブロマイドも800枚セットで付いてきます。ほんとだよ?

編集部注:
ちょうだい。

著者プロフィール

シモダテツヤ

株式会社バーグハンバーグバーグ

あたまゆるゆるインターネット - オモコロ」の編集長。

株式会社paperboy&co.で「ロリポップ!」のマーケティングや他サービスの立ち上げを経験した後,2010年5月,同社を退社。その後,株式会社バーグハンバーグバーグを立ち上げ代表取締役に就任。開業初日から遅刻した。

コメント

コメントの記入