エンジニアのためのSoulHacks

SoulHack #6 自分を評価する自分を正しく評価しよう

2008年10月15日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

「評価する自分」って正しいのか

私から見ると,若い人は特に「客観的で正確な自己評価」に対する執着が強い。執着が強い分だけ,そのためのノウハウに通じています。しかし,これは,甘いものを際限なく取り入れ,チョコレートを毎日何枚も齧り続けるような,病的な行為に思えます。おそらく具体的な実害も多いと思います。

「客観的で正確な自己評価」というのは,摂取量を計算して必要な分だけ取り入れ,過剰に摂取しないように気をつけるべきものだと思うのです。

むしろ,自分を評価する時に,⁠その評価する基準は正しいのか」ということに注意を払うべきです。⁠客観的」というのは,ひとつの価値観について合意する人がたくさんいる時に意味を持つものです。特定の価値観を暗黙の前提としてはじめて「客観性」が生まれます。

世界が動き企業が変わりつつ時代には,その前提を吟味し続ける必要があります。

世界の中での自分のポジションが正しくわかったとしても,それが自信喪失につながるだけの結果となっては,自分のキャリアや生活の向上には役に立ちません。そうだとしたら,そんな評価には意味がありません。情報不足で自信過剰になって突っ走った方が有利なケースも多くあります。

だから,厳しくチェックすべきものは,⁠評価される自分」ではなくて「評価する自分」なのです。自分を評価する自分に対して,⁠その価値観は今でも有効なのか」⁠その価値観は自分にとってどういう意味があるか」⁠その価値観は何を前提としているか」といったことを,厳しく問い糺すべきなのです。

右脳的製品としての iPhone と Wii

今回,⁠ハイ・コンセプト」を取りあげるのは,現代人にとって害となる可能性が高い「客観的で正確な自己評価」を中和する為の材料として素晴しいと考えたからです。

この本では,これからの時代に必要不可欠な感性を,⁠6つのセンス」としてまとめています。

  • 「機能」だけでなく「デザイン」
  • 「議論」よりは「物語」
  • 「個別」よりも「全体の調和(シンフォニー⁠⁠」
  • 「論理」ではなく「共感」
  • 「まじめ」だけでなく「遊び心」
  • 「モノ」よりも「生きがい」

つまり,この本は「機能」⁠議論」⁠個別」⁠論理」⁠まじめ」⁠モノ」といった「左脳的価値観」「デザイン」⁠物語」⁠全体の調和(シンフォニー⁠⁠共感」⁠遊び心」⁠生きがい」等の「右脳的価値観」を対比し,両者のバランスを取り戻すことをテーマとしています。

「機能」⁠議論」⁠個別」⁠論理」⁠まじめ」⁠モノ」は,工場で大量生産することが経済の最も重要な要素だった時代の価値観の象徴と言えるでしょう。現代の学校教育は,その時代に工場で働く人を養成する為に最適化されている部分が多々あります。そして,多くの人がその価値観を無批判に受け入れたまま「客観的で正確な自己評価」を行なっています。

「デザイン」⁠物語」⁠全体の調和(シンフォニー)」⁠共感」⁠遊び心」⁠生きがい」といった「右脳的価値観」は,モノが過剰に行き渡った現代の経済の中で重要な感性です。

たとえば iPhone はまさに「右脳的価値観」から生まれた製品だと思います。

iPhoneは,⁠デザイン」「遊び心」を重視して作られているし,単なる製品としてではなく,波乱万丈なスティーブ・ジョブズの「生き方」という「物語」に対する「共感」とともに語られることが多い。逆に,各パーツの「機能」「個別」に分解して比較してみると,既存の携帯電話と比較して iPhone には欠点が多く見られます。ハード,ソフト,ネット上のサービス全ての「調和」が,それらの欠点を覆い隠しているとも言えます。

この本の原著は2006年3月の発行ですが,まさに iPhone の出現を予言したような内容になっています。

あるいは,ゲーム機における PS3 と Wii の明暗も,ユーザは「機能」より「調和」という選択をしたと言えるかもしれません。Wiiには「議論」して相手を説得できるような客観的な強みには欠けていますが,⁠共感」しやすい「良さ」ならたくさんあるように思えます。

著者プロフィール

中島拓(なかじまたく)

株式会社ブレーン研究部にて,Windows用ソフトウエアルーター 「PROXY-2000シリーズ」を開発する。 オープンソースソフトウエアとしては,Ruby用HTMLテンプレートエンジン Amrita/Amrita2,個人用GTD支援ソフト「レビュアブルマインド」の開発に携わる。

アンカテのブロガーとして,2006年アルファブロガーに選出される。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/essa/

ピックアップ

LINE テクノロジー&エンジニアリング大全

「LINE DEVELOPER DAY 2020」より,注目すべきテクノロジー,エンジニアリングをピックアップし,詳説インタビューを実施しました。

プロダクト思考で開発が進む「みてね」の今とこれから~みてねの生みの親笠原健治氏,開発マネージャ酒井篤氏が考える,プロダクトとエンジニアリングの素敵な関係

「家族アルバム みてね」を支えるエンジニアリングについて,開発体制やプロダクトの開発・運用,これからのビジョンについて伺いました。

自分の証明と持続的な学びがこれからのDX人材の鍵を握る ~A-BANKが考えるDX人材バンクの在り方とは?

2020年11月にスタートしたA-BANKの人材バンク。評価・育成・紹介の一体型人材紹介から見える,これからの人材エコシステムに迫ります。

APIゲートウェイとサービスメッシュの違い

APIゲートウェイとサービスメッシュの,それぞれの概要とユースケースを紹介し,いずれを使用するかの判断の指針となるチートシートを提供しています。

LightningChart® Traderによるテクニカル分析と証券取引アプリケーションの開発

証券取引アプリケーションの開発プロセスを大幅に簡素化するLightningChart® Traderのビルドイン機能について紹介します。

コードの安全性・安定性を高める開発サイクル~テスト管理の効率を上げ,脆弱性診断を自動で行う~

本連載では,連載「業務を改善する情報共有の仕掛け」を受けつつ,安全性・安定性を加えた開発サイクルについて考えていきます。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->