Googleケータイ,世に現る

第3回 2009年のGoogleケータイを見る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

第3回の今回は,開発ブランチ「Cupcake」やAndroid Marketなど,2009年の動向について取り上げます。

開発ブランチ「Cupcake」

昨年末,将来のAndroid OSを想像させるニュース,Androidのオープンソースプロジェクトに,開発ブランチ「Cupcake」と呼ばれる成果が本流へのマージが完了したと発表されました。

Browserの動作速度には不満なし。最新のWebKitとSquirrelFishでさらに速くなる。

Browserの動作速度には不満なし。最新のWebKitとSquirrelFishでさらに速くなる。

その内容は,MMSやEmail,Alarm Clock,Package Installerなどのバグ修正が多くリストアップされていますが,積極的に新機能が追加されているので,気になる機能をいくつかピックアップします。

HTMLレンダリングエンジンのアップデート

まずは,HTMLレンダリングエンジンのアップデート。

標準のWebブラウザのBrowserでも使われるHTMLレンダリングエンジン「WebKit」が2008年11月バージョンになり,高速JavaScriptエンジン「SquirrelFish」がサポートされます。Browserは,現状でも満足いく動作速度ですが,さらに伸びしろを身に付けるわけですから楽しみです。

ソフトキーボードのサポート

次に,ソフトキーボードのサポート。

現行のAndroid OSでは,OSレベルでソフトキーボードがサポートされず,アプリが個別に対応しているので,早々にサポートされたのは,ユーザ・開発者ともに歓迎できます。この機能追加に合わせて,サードベンダが入力ソフトを開発できる枠組みが用意されます。我々日本人にとっては,OSレベルで日本語入力ソフトを開発でき,前回ご紹介したJSandBoxやsimejiは,さらに快適な日本語入力ソフトが提供できるはずです。

ビデオ撮影モードのサポート

最後に,ビデオ撮影モードのサポート。

カメラ機能が強化され,ビデオ撮影モードが追加されます。リリースには,機能追加の記述だけで,用意されるアプリまで触れていませんが,USTREAM.TVにストリーミング配信できるアプリが登場すれば,Androidの新たな活用方法が提案できるはずです。

このポイントだけでも,将来のAndroid OSを期待させる内容です。これが,甘い装いのCupcakeとなって,我々の手元に届けられる次期リリースが非常に楽しみです。

サクサク動作のWebブラウザ「Browser」だが…

スマートフォンのWebブラウザは,さまざまな制約を受けるので,ストレスを感じることがあります。

本題に入る前に,快適ポイントからご紹介します。

Browserは,ページのレイアウトを崩さず実用的な速度でページを表示し,Ajaxを使うGMailなども実用的な速度で動作します。また,ページのスクロールを,手で画面を覆ってしまうタッチ操作だけではなく,トラックボールでも操作できるところも快適ポイントです。このおかげで,観るコンテンツさえ決まれば,ストレスフリーで閲覧できます。

Browserは,レイアウトを崩すことなくレンダリングする。

Browserは,レイアウトを崩すことなくレンダリングする。

Ajaxを使ったページも実用的な速度で利用できる。

Ajaxを使ったページも実用的な速度で利用できる。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入