Googleケータイ,世に現る

第4回 Androidを彩るソフト達(その1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

今回はG1上で稼働するブラウザ「Opera mini」や標準実装されているカメラなど,便利なツール/機能について紹介します。

CES 2009でのAndroid

米国ラスベガスで開催された展示会「2009 International CES」で,新たなAndroid端末が発表されるか?と淡い期待を抱いていたのですが,新端末の発表はなく,ハード関連では目立った話題がなかったようです。しかし,ソフトの方は,ネット電話の雄「Skype」のAndroid版が発表されました。Skypeは,ビジネスシーンでも多く利用されているので,機会を設けてご紹介したいと思います。

もう1つの選択肢「Opera Mini」

G1では,標準のBrowserの他に,Webブラウザの雄「Opera」が選択できます。

G1で動作するのは,Operaのケータイ向けバージョン「Opera Mini」で,Android Marketの[Applications]-[Communication]から4.2 betaがダウンロードできます。

Opera Miniは,ローエンドケータイや低帯域接続のケータイ向けで,HTMLレンダリングエンジンをアプリ側ではなく専用サーバで行い,データとしてケータイに送信して描画します。このような仕組みなので,描画速度はBrowserに一歩譲りますが,十分実用に耐えうる速度で描画を行います。

Opera Miniには,画像を表示・非表示,画像の表示品質,フォントサイズ変更の他に,横スクロール無しでページが閲覧できるMobile Viewモードを備えています。他にも,スキン交換やインラインテキスト検索機能を備えており,満足できる仕上がりです。また,Operaが提供しているサービス「Opera Link」を使えば,PC版Operaのブックマークと同期ができるので,Browserに感じた不満も解消されます。

さすが,モバイル環境で鍛えられたブラウザだけあって,使える感がありますが,サイトよっては,文字と文字が重なって表示されることがあります。また,Android OSのネイティブアプリではないようで,文字入力操作や設定画面の操作方法が異なり違和感を感じることがあります。しかし,もって有り余る魅力がOpera Miniにはあるので,ストレスを感じることも少なく,Browserに不満を感じたら試してみることをお勧めします。

サイトにアクセスすると,オーバービューが表示される。タッチするとズームされる。

サイトにアクセスすると,オーバービューが表示される。タッチするとズームされる。

Opera Miniの設定画面。画像の表示品質,フォントサイズ,スキンの設定が行える。

Opera Miniの設定画面。画像の表示品質,フォントサイズ,スキンの設定が行える。

インラインテキストを検索している様子。キーワードがハイライトされている。

インラインテキストを検索している様子。キーワードがハイライトされている。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入