Googleケータイ,世に現る

第18回 SmartQ5とAndroid Market最新動向

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は,日本2機目となる「SmartQ5」の紹介と,Android関連の最新動向についてお届けします。

新顔が登場です!

話題にはなるものの,なかなかデバイスが登場しないAndroidですが,日本では2機目となるAndroid端末SmartQ5が前触れもなく登場しました。

MID SmartQ5。初回ロットは即日完売とのこと。19,800円の価格は魅力的。

MID SmartQ5。初回ロットは即日完売とのこと。19,800円の価格は魅力的。

この新顔は,株式会社コヴィア・ネットワークスから発売され,価格は19,800円(税込),9月1日より予約が開始され,9月30日からの出荷を開始です。

スペックを簡単に紹介すると,4.3型ワイドディスプレイ(800×480),CPUにはARM11アーキテクチャのSamsung S3C6410 667MHz,SDカード(SDHC)スロット,IEEE 802.11b/g無線LAN,Bluetooth 2.0+EDR,USBなどを搭載しています。本体のサイズは,120×14×74mm(幅×奥行き×高さ),重さは約160gとなっています。

SmartQ5は,MID(Mobile Internet Device)と称されるデバイスで,電話機の機能は備えておらず,インターネットへ接続することが主な用途となるデバイスです。Android OSは,MID以外にも,ネットブック上で動作する様子がデモが公開されるなど,多彩なデバイス上で動作することが知られていますが,ケータイ以外にAndroid OSが搭載されて,我々の掌に収まるのは,このSmartQ5がはじめてかもしれません。

さて,利用シーンを考えるとMIDの名前が示すとおり,PCとケータイの中間に位置して,インターネット端末として利用がメインなるだろうと想像できますが,私の場合は,ノートPCをメインに利用しておりインターネットへのアクセスは,これで間に合っているので,使い道のイメージが湧かず,SmartQ5は中途半端なデバイスに見えます。

SmartQ5のようなデバイスは,立ち位置の難しいデバイスと言うか,上手くハマる人には使いでのあるデバイスで,ハマらない人には中途半端なデバイスで,白黒が付きやすいのではないでしょうか。

ただ,もう一工夫すれば,面白いデバイスになるのではないかと考えます。

SmartQ5のように,日々持ち歩くことがなく,PCとケータイの間を補完する為に使われるだろうデバイスは,単体で価値を高めていくのではなく,たとえば,PCとケータイの間に割って入って,ケータイから自身を通してPCへデータが流れる,又はその逆が必要になるようなサービスや使い方を提案できれば,利用価値が高まるように思います。また,外出先ではスマートフォン,自宅のリビングでは,SmartQ5という使い方も考えられます。この時は,デバイス間で意識することなくデータ同期が行われているが必須になるはずです。

こうした作り込みを行うと,19,800円という価格でリリースするのは難しいのかもしれませんが,次の展開があるのであれば,使い方の提案も同時にして頂けると,マニアのオモチャに留まらない,広く浸透していくデバイスとなるのではないでしょうか。

Android Marketがアップデート!

私の場合は,随分焦らされました。何のことかと言えば,ようやくAndroid Marketがアップデートされるようで,主なアップデート内容は,

  • アプリのスクリーンショットが掲載可能になった。
  • 販促用のグラフィックが掲載可能になった。
  • 販促用のテキストが掲載可能になった。

となっています。

Android Developers Blogに Some News from Android Marketのタイトルで,エントリが存在しており,新しくなったAndroid Marketを操作する様子のビデオを観ることができます。

Android Developers Blogで,新しいAndroid Marketを操作する様子のビデオを観ることができる。

Android Developers Blogで,新しいAndroid Marketを操作する様子のビデオを観ることができる。

もう少し詳しく見ていきます。 まず「アプリのスクリーンショットが掲載可能になった」は,320×480のPNG又はJPEGを最大2枚まで掲載できます。これまでアプリのスクリーンショットを掲載できなかったので,開発者は,文字のみでアプリの魅力を伝える必要があり,ユーザーは,それを読みな想像力を膨らませて,アプリをダウンロードしていたので,これは嬉しい改良です。 次に「販促用のグラフィックが掲載可能になった」は,販促用として特徴的なグラフィック(180×120のPNG又はJPEG)が掲載できるようになりました。先で紹介したブログのビデオを観ると,このグラフィックは,Android Marketのカテゴリのトップに掲載されるようです。おそらく,人気のアプリやお勧めのアプリが表示されるのだと思います。 最後に「販促用のテキストが掲載可能になった」は,80文字以内でテキストを掲載できます。このテキストは,先の販促用グラフィックと一緒に表示されるものですが,Android Marketは,アプリの説明が最大325文字と限られるので,これを補足する形で使えるはずです。 こうしてみると,開発者,ユーザの両者にメリットのアップデートとなりそうです。

現在のAndroid Market。先行するAppStoreと比較するとシンプルすぎるほどの造り。

現在のAndroid Market。先行するAppStoreと比較するとシンプルすぎるほどの造り。

今までAppStoreの芝が随分青々しているように見えましたが,これで,少しは収まりそうな感じです。最後になりましたが,ブログのエントリには,Android 1.6のタグが付けられています。Android 1.6 で,新しいAndroid Marketが利用できるのであれば,そのリリースが楽しみです。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入