Googleケータイ,世に現る

第24回 Androidを彩るソフト達(その6)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は,Android OSのTwitterクライアント「Twidroid」を取り上げます。

本連載の第12回で一度取り上げていますが,その時からTwitterにリスト機能が追加,Twiroidに機能強化されたプロバージョンが登場する等,状況が大きく変化しているので,二度目の登場です。筆者は,Twidroidのプロバージョンを愛用しているので,フリーバージョンとの違いも合わせてご紹介します。

Twidroidとは?

Twidroidは,簡単な操作でつぶやきの投稿や返信が行えるTwitterクライアントです。⁠タイムライン」と呼ばれるつぶやきリストも定期更新可能で,その間隔は,3分から1日1回までと細かく設定でき,メニューバーに通知する機能を持っています。その他,GPSとの連動,写真サイトとの連動など申し分ない作りとなっています。

Twidroidには,フリーバージョン(無料)と機能強化されたプロバージョン(3.39ユーロ,大凡450円)があり,プロバージョンはAndroid Marketで購入できます。

プロバージョンで追加されている機能は,以下の通りです。

  • マルチアカウントをサポート
  • ビデオの投稿可能
  • ウィジェット
  • カラーテーマ
  • Twitterリストが編集機能
  • bit.lyをネイティブでサポート
  • 本体のシェイクで,タイムライン更新

まずは,フリーバージョンとプロバージョンの共通機能を中心に,簡単にTwidroidをおさらいして行きます。

見やすいタイムラインと簡単投稿

アプリを起動して,アカウントを設定を終えるとタイムラインが表示されます。タイムラインは,フォロワーのアイコンとそのつぶやきが表示されます。

つぶやきをタップすると,オプションコマンドが表示され,返信やRetweetなどが行えます。つぶやきにURLが含まれている場合は,オプションコマンドの中にURLが表示され,選択する内蔵ブラウザで表示します。

画像

画像

画面下にある吹き出しのアイコンをタップすると,画面上部につぶやきの入力エリアが表示されます。入力エリアにつぶやきを入力して,矢印アイコンをタップすれば投稿終了です。プロバージョンでは,この画面でアカウントが選択して投稿できます。

画像

写真付きの投稿も簡単

つぶやきに写真を付けて投稿する場合は,入力エリアに表示されるクリップアイコンをタップします。すると,いくつかのコマンドが並んだ画面が表示されます。撮影済みの写真を投稿する[Insert photo]を,写真を撮影してから投稿する[Take photo]を選択します。

コマンドから[Take photo]を選択すると,標準のカメラアプリが起動します。撮影を終えてTwidroidに戻ると,写真共有サービスに写真がアップロードされ,入力エリアにアップロード先のURLが挿入されるので,コメントを添えて投稿完了です。

リスト機能に対応

最近Twitterに追加されたリスト機能にも対応しています。

筆者は,Twitterをリアルタイムで情報収集できるツールとしても利用しており,多くのTwitter BOTをフォローしています。フォロワー数が増えると,タイムラインに,BOTのつぶやきとそうでないつぶやきが混在してしまい,読み分けるだけでも時間がかかるので,リスト機能を使って整理しています。

リストを表示するには,メニューの[View Lists]を選択します。

すると[View Lists Timeline]ダイアログが表示されます。初回は何も表示されていないので[Refresh]をタップします。すると作成したリストが一覧表示されます。一覧から読みたいリストをタップすると,いつものタイムラインでリストを表示します。

画像

残念なことに,このタイムラインで表示されるつぶやきは,返信などを行うことができず,見るだけになっています。これは,今後のバージョンアップに期待です。

以降は,Twiroidのプロバージョンの魅力をご紹介します。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入