Googleケータイ,世に現る

第33回 音楽プレイヤーとしてのHT-03A(番外編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

「音楽プレイヤーとしてのHT-03A」は,前回で最終回としましたが,続報などを番外編としてご紹介します。

無線LAN経由で同期できるはずが…

第31回でご紹介した「The Missing Sync for Android」ですが,その回では,音楽や写真が無線LAN経由の同期が行えないとご紹介しましたが,最近のリリースされたバージョン1.3で,無線LAN経由の同期が可能になりました。

無線LAN経由で同期できれば,活用の機会が増えると考えて,リリースのニュース直後にアップデートを実行したのですが,残念ながら私の環境では上手く動作していません。具体的には,HT-03Aから同期すると,同期は行われるのですが,データの転送を終えて同期が終了する間際に,Mac側のアプリがクラッシュします。USBケーブルを使った同期では問題が発生せず,何度やっても同じタイミングでクラッシュするので,環境の問題はなくアプリの不具合なのかもしれません。

無線LAN経由の同期を目当てに,The Missing Sync for Androidの購入を検討されている方が居たら,もう少し様子を見るほうが得策かもしれません。

代替えのアプリを探す

第32回で,標準の音楽プレイヤーアプリ「音楽」の仕上がりが,今ひとつだとご紹介しました。⁠音楽」は,最低限の「聴く」しか満たさず,楽しみながら「聴く」だったり,聴く以外にも「観る」等の要素が少ないアプリです。

Androidマーケットに公開されている同種のアプリは,TwitterやLast.fmと連携して,楽しみながら「聴く」「観る」に注力して開発されているアプリが公開されているので,今回は,2つピックアップしてご紹介します。

3(Cubed) Music Player

アルバムワークを立方体に表示するユーザインターフェースが特徴のアプリです。

このアプリは,その見た目と操作方法がすべてと言っても過言ではないくらい,ユニークなユーザインターフェースを持っています。

Cubed Music Playerを起動すると,立方体にアルバムワークが表示されたメイン画面が表示されます。画面の立方体を上下左右に操作して,聞きたいアルバムに切り替え,アルバムをタッチすると,トラックの一覧が表示されるので[Play all]で全再生するか,聞きたい目的の楽曲をタップして再生します。⁠Queue all]をタップすると,トラックすべてがメイン画面からアクセスできるキューリストに入ります。

画面中央の立方体を操作してアルバムを切り換える。操作ボタンは、画面上部に表示されるが,画面下に表示されるよりも使いやすい。

画面中央の立方体を操作してアルバムを切り換える。操作ボタンは、画面上部に表示されるが,画面下に表示されるよりも使いやすい。

アルバムをクリックしたときに表示されるトラック一覧画面。これは意外にも地味な感じ。

アルバムをクリックしたときに表示されるトラック一覧画面。これは意外にも地味な感じ。

プレイヤー機能は,アルバムリピートの機能がないくらいで,他はしっかりしているので,不満に感じることはありません。先のキューリストを使えば,端末だけでプレイリストを作成できます(ただし,削除機能はなし)⁠

ユーザインターフェースと使い心地の良さは,光る物がありますが,筆者が試した限りでは,少し不安定で,再生中に画面がタイムアウトすると,再生が止まることがありました。

また,今回は,試験として数枚のアルバムをHT-03Aに転送しただけですが,数が増えると特徴でもある立方体操作のユーザインターフェースでは,一覧性に優れているわけではないので,目的のアルバムを探すのに時間がかかり,使いづらいと感じるかもしれません。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入