Googleケータイ,世に現る

第38回 AndroidでPogoplugを使う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Pogoplugとは?

今回は,手持ちのUSBハードディスクをクラウド化できる「Pogoplug」とAndroidの組み合わせをご紹介します。

Pogoplugをご存知ではない方のために説明すると,Cloud Engines社が開発した製品で,本体に接続されたUSBストレージを,LANだけではなく,WANからもアクセス可能にしてくれるデバイスです。こうしたデバイスは,WANからアクセスする場合,ネットワークの設定変更が必要になるケースがありますが,Pogoplugは変更不要なうえ,セットアップが驚くほど簡単で,箱を開けてから10分もあれば,使い始めることができます。

Pogoplugは,ブラウザ経由か専用アプリをインストールして使います。専用アプリは,デスクトップ用がWindows,Mac OS X,Linux,モバイル用がiPhone,Android,Blackberry,webOSに対応しています。

購入の動機

Pogoplugの購入前は,Dropboxを愛用しており,使い始めBasicの2GBで十分と感じていた容量は,資料や画像,プログラムのソースコード等を保存していくと,空き容量が不足気味になっていました。また,バックアップ用として,自宅にPCサーバのNASを運用しているのですが,電源を常時入れているとファンの音が五月蠅く,どうにかしたいと考えていました。

Dropboxは,Pro 50へアップグレードすることで,容量不足を解消できますが,$120/年の費用負担をするのであれば,Pogoplugを購入し,NASのストレージを流用し,うるさいサーバを廃止,これでDropboxの代替えになるだろうと考え購入したわけです。

PCでの使用感

Androidでの使用感をお伝えする前に,PCでの使用感をお伝えします。筆者は,Mac OS XでPogoplugを使っていますが,専用ソフトのおかげで,それに接続されるUSBストレージは,リムーバブルドライブのようにマウントされます。

画面1 リムーバブルディスクのような感覚でPogoplugにはアクセスできる。

リムーバブルディスクのような感覚でPogoplugにはアクセスできる。

Pogoplugと同じネットワーク内ならば,速度に関してストレスを感じことはなく,NASのような感覚で使えます。TimeMachineのバックアップディスクとしては使えませんが,Cloud Engines社のサポートフォーラムを見ると対応を検討しているようなので,いずれ使えるようになるのかもしれません。 Pogoplugへは,ブラウザ経由でもアクセスできます。

画面2 βではあるが,Webインターフェースは、日本語の表示にも対応する。

βではあるが,Webインターフェースは、日本語の表示にも対応する。

ブラウザインターフェースは,使い方は説明の必要がないほどです。これには,ファイルビューワが内蔵されており,PDFやMicrosoft Officeファイル,テキストファイル,画像などを確認できます。このビューワ,日本語環境では,少々難があるようで,PDFやOffice系のファイルは,作りによってレイアウトが正しく再現されなったり,日本語が表示されないことがあります。テキストファイルは,表示フォントが英語フォントに設定されており,日本語が表示できません。画像ファイルは,不具合もなく表示できます。

画面3 内蔵のビューワでテキストを表示したところ。残念ながら文字化けしてしまう。

内蔵のビューワでテキストを表示したところ。残念ながら文字化けしてしまう。

PDFやOffice系の表示不具合は修正に時間がかかりそうですが,テキスト表示は,簡単な修正で対応できそうなので,早々の改善を望みます。

Androidでの使用感

Androidは,専用のクライアントソフトをインストールします。

Android Marketで「pogoplug」をキーワードに検索を行い,いつもの手順でインストールします。設定は,Pogoplug登録時に指定したメールアドレスとパスワードをアプリ起動時に入力するだけで,Pogoplug本体同様,すぐに使い始めることができます。

専用クライアントも説明の必要がないくらい簡単に使えます。

画面4 Android用のクライアント。アプリのデザインがiPhoneの流用なのが気になる。

Android用のクライアント。アプリのデザインがiPhoneの流用なのが気になる。

画面4でわかるように,リスト表示されたフォルダを画面ごとに辿っていくユーザインターフェースです。たとえば,Pogoplugのファイルにアクセスするには,一覧中のディスク名をタップして,順にフォルダを辿り,目的のファイルが保存されている場所まで移動します。

一部では,Android用のクライアントがiPhone用のクラインとよりも遅いとの話がありますが,私はそうした印象を持ちませんでした。気になったのは,アプリのデザインがiPhoneの流量なところくらいです。使い勝手は悪くないので,些細な話ではありますが,使い勝手が他のアプリと違うのは気になります。

PC同様,ブラウザでもアクセスできますが,手持ちのHT-03Aでは,ページが表示されるまでに時間がかかり,使いたい時にすぐに使えないので,専用クライアントを使うことをお薦めします。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入