Googleケータイ,世に現る

第41回 この凝縮感は堪らない「Xperia X10 mini pro」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

※今回の記事は,諸事情により当初公開した内容と差し替えて,改めて第41回として公開しております。

今年2月のバルセロナで開催されたMobile World Congressで,カードサイズAndroid携帯と発表されたソニー・エリクソンの「Xperia X10 mini pro」を入手したので,数回にわたりレポートします。

Xperia X10 mini proとは…

Xperia X10 mini proをご存知ではない方のために,簡単にご紹介します。

Xperia X10 mini proは,ドコモから発売されているXperia X10の小型版で,クレジットカードよりも小さいというのがウリです。スペックは,Qualcomm MSM7227 600MHz プロセッサ,2.6インチ240 x 320のタッチパネル,フラッシュライト付きオートフォーカス5メガピクセルカメラ,128MBストレージ,microSDスロット(16GBまで対応,2GBカード付属),GPS,無線LAN,Bluetooth,スライド式QWERTYキーボード搭載となっています。

図1 Xperia X10 mini pro

図1 Xperia X10 mini pro

Xperia X10 mini proを手にして最初に感じた印象は「一昔前のSONY製品」でした。

古くさいとかの意味ではなく,少し前のSONYは,他メーカーよりも小さく,尖った仕様の製品が多くラインナップしていました。Xperia X10 mini proの印象は,まさにそれで,掌に収まる本体に多くの機能が詰め込まれており,あの頃のSONY製品に感じた凝縮感がここにはあります。

箱を開けると本体サイズに驚くはず

お決まりのパターンですが,外箱からのご紹介です。

最近のスマートフォンの特徴というべきか,外箱は非常に小さくまとまっています。パッケージを開けると,透明のビニール袋に入った本体が現れます。X10 mini proの本体は,90.0×52.0×17.0mm,120gで,手のひらにすっぽり収まる大きさなので,手に持つとその大きさに驚くはずです。

図2 外箱

図2 外箱

図3 手のひらにすっぽり収まるサイズ

図3 手のひらにすっぽり収まるサイズ

付属品は,イヤフォン,USBケーブル,充電器となっています。

付属のイヤフォンはカナル型で,SONY製イヤフォンによく見られる,耳栓部分に繋がるケーブル長が左右で異なり,一方を首の後ろに回して装着するタイプです。ケーブルが二股に分かれる部分に,マイクと受話/終話ボタンが付いています。また,耳栓部分のラバーキャップは,大小二種類が付属しています。

図4 カナル型イヤフォン

図4 カナル型イヤフォン

バッテリの充電は,本体右側面のマイクロUSBポートから行います。汎用のUSB充電器が使えるので,この辺りは取り回しに困ることはありません。

図5 マイクロUSBポート

図5 マイクロUSBポート

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入