Googleケータイ,世に現る

第44回 この凝縮感は堪らない「Xperia X10 mini pro」(その4)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

今回は,Xperia X10 mini proのカメラアプリとアルバムアプリご紹介します。

カメラスペックの紹介

ご紹介に入る前に,Xperia X10 mini proのカメラスペックご紹介します。

Xperia X10 mini proのカメラは,オートフォーカス機能付きの5メガピクセルで,フラッシュライトを備えています。デジタルズームも含めズーム機能はなく,Xperia X10など,カメラ機能を重視したスマートフォンと比較すると見劣りしますが,スナップ写真を撮る程度であれば十分なスペックです。

カメラアプリの出来映えは…

撮影する場合「Camera」アプリを起動するか,本体下,右側面のカメラボタン長押しで,カメラアプリが起動します。

カメラボタンでの起動は注意が必要で,端末がロック状態の時は,画面がオンになりロック解除の画面が表示されるだけで,カメラアプリは起動されません。端末がロックされている時は,アンロックした後,カメラボタンの長押しでカメラアプリを起動する手順になります。少々まどろっこしいい感じがしますが,端末ロックの解除なので,仕方ないのかもしれません。

カメラアプリは,四隅にボタンが配置されており,左上から時計回りに,フラッシュのオン・オフ,写真撮影か動画撮影モードの切り替え,撮影モードの切り替え,ライブラリへの移動の機能が割り当てられています。撮影モードは,オート,マクロ,トワイライト,スポーツの四つになっています。シャッターは,カメラアプリを起動したボタンが割り当てられます。

カメラアプリは特徴的なユーザインターフェースを備えている。

画像

写真の撮影

シャッターボタンを半押しすると,液晶画面中央に白いフォーカス枠が表示されます。

残念なことに,Xperia X10に搭載されている液晶画面に表示された撮影対象をタッチして,フォーカスを合わせを行い撮影するタッチ撮影機能は備えていません。

カメラのフォーカスは,液晶画面の中央に表示された物に合うようになっています。

撮影対象にフォーカスが合うと,フォーカス枠が緑になり,フォーカスが合ったことを知らせるビープが鳴ります。この状態で,シャッターボタンを押し込むとシャッター音が鳴り写真が撮れます。

フォーカス枠が緑になり,フォーカスが合ったことを確認できる。

画像

Xperia X10 mini proは,本体が小さく,シャッターを押し込まないとシャッターが切れないので,シャッター速度が遅いケースでは,手ぶれ写真を撮ることが多くなります。

撮影時は,本体をしっかり固定して撮影する必要があるのですが,本体の持ち方によっては,シャッターを押す時に,キーボードのスライド機構が動いてしまうことがあるので,片手で撮影するのではなく,両手で本体を固定し,左手の等しさ指と親指でキーボードがスライドしないように少し強めに押さえ込んで持つと本体を上手く固定でき,手ぶれの少ない写真が撮影できます。

撮影時の本体持ち方例。

画像

撮影すると,プレビューステップに移ります。

このステップでは,撮影した写真をメールに添付して送信,削除,住所録又は壁紙に設定するボタンが画面の四隅に表示されます。撮影結果を保存して,次の撮影に移る場合は,シャッターボタンを押します。次の撮影に移る時に,撮影した写真が縮小しながら,左下のライブラリボタンへ移動して行くアニメーションを見ることができます。

文章にすると煩雑な印象を受けるかもしれませんが,操作の流れは自然なので,一度慣れてしまえばスムーズに撮影を進めることができます。

撮影した写真がプレビューされた様子。

画像

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入