Googleケータイ,世に現る

第49回 出揃い始めたAndroidタブレット

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

iPadの好敵手となるか

iPadがリリースされた後,雨後のタケノコのように中国製のノーブランドAndroidタブレットが多く登場し話題になりました。毎週のように製品リリースのニュースがあり,価格も1万~3万円程度と,購入しやすい価格なので,すでに入手された方もいらっしゃるかもしれません。

先日開催されたIFA(国際コンシューマエレクトロニクス展)2010で,Samsungの「GALAXY Tab」と東芝から「FOLIO 100」が発表され,メジャーブランドからもAndroidタブレットが登場しました。発売は,SamsungのGALAXY Tabが,九月中旬からヨーロッパ,続いて,アメリカ,アジアで販売予定となっています。東芝のFOLIO 100は,第4四半期にヨーロッパでの販売予定しており,日本での販売は決まっていないとしています。

では,簡単にハードウェアのスペックを見ていきます。

Samsung GALAXY Tab

GALAXY Tabは,7インチ(1,024×600ドット)のマルチタッチに対応したタッチパネル液晶を搭載。プロセッサはCortex A8 1GHz,グラフィックプロセッサはPowerVR SGX540を搭載。内蔵メモリの容量は16GBと32GB,32GBまで対応するmicroSDカードスロットを備えています。ネットワーク周は,3G,GPS,Wi-F-,Bluetooh 3.0を搭載。スリーサイズは,190.1mm×120.45mm×11.98mmで,重量は380g。採用OSは,Android 2.2です。

前面に130万画素カメラ,背面に300万画素カメラとLEDフラッシュを搭載し,720×480ピクセルで30fpsの動画撮影できるのが特徴的です。

iPadは,少し重く,少し大きい印象を持っているので,GALAXY Tabのそれよりも小さく,軽い筐体は非常に魅力的です。また,A5程度の大きさは,鞄の中でも場所を取らず,持ち運ぶ際にも取り回しが良さそうな印象です。オプションで,キーボードドッグが用意されているのは注目です。

galaxytab.samsungmobile.comは,製品の詳細情報を確認できる。日本で登場するのが楽しみ

galaxytab.samsungmobile.comは,製品の詳細情報を確認できる。日本で登場するのが楽しみ

FOLIO 100

FOLIO 100は,10.1インチ(1,024×600ドット)のマルチタッチに対応したタッチパネル液晶を搭載。プロセッサはNVIDIA Tegra 2を搭載。内蔵メモリの容量は16GB,miniHDMI端子,USB2.0端子,SDカードスロットを備えています。ネットワーク周りは,Wi-Fi,Bluetooh 2.1+EDRを搭載。スリーサイズは,281mm×180.9mm×14㎜,重量は約760g。採用OSは,Android 2.2です。この端末も前面に130万画素のカメラを備えています。

FOLIO 100で使われるNVIDIA Tegra 2プロセッサは,1GHzで動作するCortex-A9を2コアとGPU,ビデオエンコードエンジン,オーディオ処理エンジン,イメージ処理エンジンなどが搭載されている統合チップです。省電力性能に長けており,Cortex-A9のような汎用プロセッサで行うとエネルギー効率が悪くなるビデオやオーディオのストリーム処理は,専用のエンジンに任せることで,エネルギー効率を高めているのが特徴です。

先行するiPadを基準に考えると,これからリリースされるタブレットは,それよりも小さくなるか,それよりも大きくなるか,どちらかのアプローチで開発されることになると思いますが,FOLIO 100は,iPadの9.7インチ液晶よりも少し大きい10.1インチの液晶を採用して,一回り大きいサイズになっています。

コンテンツプレイヤー以外で使える?

今回発表された2機種は,魅力的なハードウェアですが,この連載で何度も書いているように,普及は,コンテンツ次第のように感じています。

そう考えると,コンテンツ配信プラットホームも抱えているiPadには,一日の長があります。Samsung,東芝ともに,その辺りは重々承知しているようで,独自の「Samsung Apps」「Toshiba Market Place」を開設予定としており,東芝は,動画や音楽,eBookの配信を予定しているとしています。ともにどのように運用され,どうのように進化して行くのか予想が付きませんが,さまざまな選択肢があるのもAndroidの魅力です。

Androidタブレットをコンテンツプレイヤー以外の用途で期待しているのは,ノートPCの置き換え用途です。ノートPCで行うすべての作業をカバーすることは不可能でも,筆者の場合,外出時はLogMeInなどのリモートアクセスサービスで,自宅や会社のマシンを使っているケースが多いので,大きめの画面で,そこそこの解像度を備え,不満のないWebブラウザが動作するAndroidタブレットがノートPCの置き換えにならないかと期待しています。

なぜ,iPadではないかと言うと,Android OSはiOSと比較すると,ユーザに開放されている部分が多いので,決まった用途以外でも,工夫すれば,いざという時に対応できるのでは?期待を持っています。

ようやく出揃ってきた感があるAndroidタブレットですが,クリスマス商戦に向けて,他にも登場するはずなので,端末選びに頭を悩ませそうです。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入