Proactive rep! ~担当者によるプロジェクト推進~

第3回 プログラムを開発するように自分の仕事を計画しよう

2008年7月15日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回のおさらい

前回自分で自分の管理を行うことのメリットを述べました。今回は,管理の第一歩である"計画を立てること"を,プログラムの開発で得た知識をベースに行う方法を説明します。

プログラム開発と仕事の計画の関係

ソフトウェア技術者ならば,何らかのプログラム開発の経験はあると思いますが,プログラムの開発と仕事の計画はまったく関係の無いものと思っていませんか? 実はどちらも振る舞いや手順を定義する事を行うので共通する事柄がたくさんあります。つまり,プログラムの開発と仕事の計画はとても近しい間柄にあります。

そこで,今回はプログラムの開発で培った経験を活かした,仕事全般の計画を立てる方法について説明します。

プログラムの開発と仕事の計画の対比

まずは,プログラムの開発と仕事の計画とが,どのように近いのかについて説明していきます。

始めに考えることは,どちらも"最終的なゴールは何か"ということです。

プログラムを開発する際は,まず実行結果として何を出力するかを一番先に考えます。同様に,仕事を計画する場合は,何を達成したら完了かを一番先に考えます。

次に,そのゴールにどうやって向かうかを考えます。

プログラムを開発する際は,実行結果を得ることをゴールとして,以下の事柄について検討を行います。

  • どのような処理を行うか
  • どのようなクラスを使うか
  • 処理を行う前提条件は何か
  • どこから情報を取得できるか

仕事を計画する場合は,達成すべき事柄に至ることをゴールとして,以下の事柄について検討を行います。

  • どのような処理を行うか
  • どのようなメンバーや設備を使うか
  • 処理を行う前提条件は何か
  • どこから情報を取得できるか

そして,これらの検討内容を時間軸上で適切な配置になるように並べ,本当に矛盾が無いか確認を行います。

こうしてみると,特に個人の仕事の設計は,プログラムの開発と何ら変わるところはありません。よく考えてみると,業務系システム開発ではお客様の業務(仕事)をビジネスロジックとして設計し,プログラミングしていきます。それと同じことを自らの仕事の計画で実践するだけとも言えます。

プログラム開発のステップで,仕事の計画を行う

では,プログラム開発ステップに対応する仕事計画ステップにそって,仕事の計画を進めていきましょう。

表1 プログラム開発のステップと仕事の計画ステップ

プログラム開発ステップ 仕事の計画ステップ
実行結果の定義 ゴールの定義
処理を実装 作業を思いつく
単体テスト 作業を見直す
結合する 作業を繋げる
結合テスト 作業をトレースする

著者プロフィール

こしばとしあき

関西出身自宅料理員兼ソフトウェア開発担当者。金融系業務アプリ開発,レガシー移行,Webサービス開発,画面制御基盤開発など様々な開発現場を経て,最近関東に進出。

アジャイル,ライフハック,プロジェクトファシリテーションに強く関心を持ち,講演も行っている。「ペンポッドで世界へミサイル大会」初代チャンプ。

blog『koeだめ』http://d.hatena.ne.jp/bash0C7/
料理blog『kuiだめ』http://kuidame.4038nullpointer.com/

コメント

コメントの記入

ピックアップ

「杜の都」発の開発ツールベンダーが時代を超えて開発者の生産性向上を支援~「Toolsの杜(ツールのもり)」開催!

A Good Tree Bears Good Fruit-1983年から開発ツールビジネスをスタートしたグレーシティ。開発支援ツール30周年記念フォーラム「Toolsの杜」の様子をレポートします。

業務を改善する情報共有の仕掛け~DevOpsの実現,RPAの導入に向けて~

ソフトウェア開発の業務改善をテーマに,DevOps実現の手順やそれを助けるツールとの連携,RPAによる社内ドキュメントの管理や効率化について解説します。

[Special Interview]3年で300%急成長のベンチャーがSE・PGを大募集!!

好評連載中の「うまくいくチーム開発のツール戦略」でお馴染みのリックソフト(株)が業務拡大につき各種エンジニアを募集中です。

[特別広報]IPとITが融合する新プロジェクトが始動! エンジニアよ,KADOKAWAで世界を目指せ

KADOKAWAはドワンゴと経営統合し,出版コンテンツとITの2つの文化を持つ企業です。小説やアニメなどの知的財産(IP)をITの力で変革し,付加価値を高めようとしています。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->