Proactive rep! ~担当者によるプロジェクト推進~

第5回 冷たいフィードバックと熱いフィードバック

2008年9月16日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

予定線として,以下の3種類を引きます。これらの線は,作業の計画時に引きます。

  1. デッドライン
  2. 理想ライン
  3. 警告ライン

デッドラインは最悪守らなければならない規準となる線です。これを超えたら,作業が破綻したことを表します。

理想ラインは,文字通り理想的な進捗といえる基準となる線です。最短どれぐらいで完了するかの目標で引いてください。

警告ラインは,進捗遅れを挽回する対策を打つ必要があるかどうかを判断するための線です。通常,デッドラインと理想ラインの中間に引きますが,慎重な作業を要する部分,つまり通常より早めの対処が必要となる部分は,理想ラインに寄せてください。

実績線は,日々の進捗の実績を毎日プロットしてください。

状況別の読み方は,実績線と予定線との関係から読み取ります。実績線と予定線との関係は以下の4種類が考えられます。

  1. 実績線が,理想ラインと警告との間にある
  2. 実績線が,警告ラインとデッドラインの間にある
  3. 実績線が,理想ラインを下回った
  4. 実績線が,デッドラインを超えた

実績線が,理想ラインと警告との間にある場合は,理想的な進捗より遅れているが憂慮すべき状況ではないという意味になります。つまり,このまま進めていけば良いことを示します。

図3 実績線が,理想ラインと警告との間にある

図3 実績線が,理想ラインと警告との間にある

実績線が,警告ラインとデッドラインの間にある場合は,破綻した状況ではないが予断を許さない状況という意味になります。つまり,大きく遅れているので何らかの対処を取らなければならないことを示しています。

図4 実績線が,警告ラインとデッドラインの間にある

図3 実績線が,警告ラインとデッドラインの間にある

実績線が,理想ラインを下回った場合は,理想的な進捗より更に前倒しで進めていることになります。基本的には喜ばしいことですが,あまりに理想ラインからかけ離れている場合は,何らかの問題が発生していることにより,異常な進捗になっていると考えるべきです。

図5 実績線が,理想ラインを下回った

図5 実績線が,理想ラインを下回った

著者プロフィール

こしばとしあき

関西出身自宅料理員兼ソフトウェア開発担当者。金融系業務アプリ開発,レガシー移行,Webサービス開発,画面制御基盤開発など様々な開発現場を経て,最近関東に進出。

アジャイル,ライフハック,プロジェクトファシリテーションに強く関心を持ち,講演も行っている。「ペンポッドで世界へミサイル大会」初代チャンプ。

blog『koeだめ』http://d.hatena.ne.jp/bash0C7/
料理blog『kuiだめ』http://kuidame.4038nullpointer.com/

ピックアップ

ヒューマンリソシアのGITサービスが目指す,時代にアジャストするエンジニアチームの作り方

アフターコロナにおけるエンジニアチームの作り方,グローバルな視点でのエンジニア獲得と開発とコミュニケーションの在り方について取り上げます。

LINE テクノロジー&エンジニアリング大全

「LINE DEVELOPER DAY 2020」より,注目すべきテクノロジー,エンジニアリングをピックアップし,詳説インタビューを実施しました。

プロダクト思考で開発が進む「みてね」の今とこれから~みてねの生みの親笠原健治氏,開発マネージャ酒井篤氏が考える,プロダクトとエンジニアリングの素敵な関係

「家族アルバム みてね」を支えるエンジニアリングについて,開発体制やプロダクトの開発・運用,これからのビジョンについて伺いました。

自分の証明と持続的な学びがこれからのDX人材の鍵を握る ~A-BANKが考えるDX人材バンクの在り方とは?

2020年11月にスタートしたA-BANKの人材バンク。評価・育成・紹介の一体型人材紹介から見える,これからの人材エコシステムに迫ります。

APIゲートウェイとサービスメッシュの違い

APIゲートウェイとサービスメッシュの,それぞれの概要とユースケースを紹介し,いずれを使用するかの判断の指針となるチートシートを提供しています。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->