2in1 PCと旅する絵日記 in Hawaii

第8~9日目 ノースショアの海を眺め,ワイキキの街を名残惜しみながらの最終日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

画像

8日目はレンタカーが大活躍。

まずは島を西に向かって,ディズニーのオフィシャルホテルを観光し,その後で今度は北上。ノースショアのビーチを目指しました。なんでも「ノースショアのビーチはワイキキより綺麗」だとか「ウミガメが見れる」だとか聞いていたもので,ずっと気になっていたのです。

まあ,⁠見れる」といっても運に左右されるだろうし,なかなかそうはいってもどうだろうなあ。

そんなことを思いながら現地に着くと……居た!
本当にウミガメが寝そべってた!

さわると罰金らしいので,あまり近付きすぎないよう遠巻きにしながら,パシャパシャ記念撮影しちゃいました。海の透明度も確かに高いし,ノースショアすごいや。

本当にウミガメが寝そべっていてびっくり!あまりに動かないので,最初は死体が打ち上げられてるのかと思いました。

本当にウミガメが寝そべっていてびっくり!あまりに動かないので,最初は死体が打ち上げられてるのかと思いました。

行ったのはここ,ハレイワのアリイビーチ。多いときだと5~6匹ゴロゴロと砂浜に上がっていることもあるのだとか。もっと活発に動いてるやつ見たかったなあ。

行ったのはここ,ハレイワのアリイビーチ。多いときだと5~6匹ゴロゴロと砂浜に上がっていることもあるのだとか。もっと活発に動いてるやつ見たかったなあ。

そして9日目。いよいよハワイで過ごす最終日がやってきました。

この日は一日のんびり過ごそうということで,昨日とはうってかわってレンタカーの出番はなし。ワイキキのビーチでぷかぷか浮かんで波に揺られたり,歩いて行ける範囲のお店を気ままに見て回ったり。

この時間を使って,自分も行きたかったお店にちょっと立ち寄ってみました。ワイキキの目立つ場所にどどーんと鎮座しているアップルストアです。

お目当ての品は,⁠Pencil by FiftyThree』というiPad用のBluetoothタッチペン。同社が出している『Paper by FiftyThree』というスケッチソフトが素晴らしく描いてて楽しかったので,専用のペンを使うとどこまで機能向上するんだろうかと思い,前から欲しかったのです。

ただ,日本では取り扱いがなかったので,⁠じゃあハワイ行った時に買おう」と決めて,ハワイ行きの直前に日本のアップルストアでも取り扱いが始まったもののかなり割高だったので「やっぱりハワイで買おう」と決めて,今に至ると。

店頭には置いてなかったので,店員さんに聞くと,手元のiPhoneで在庫確認して数分後に全色持ってきてくれました。少し悩んだ後でウォルナットを選択。やっぱり合計金額を見ると日本で買うより2,000円くらい安い(1ドル120円計算)⁠やったー。

肝心の使い心地はというと…まあ,まだアプリの強化がなされるというから,それ待ちかな。あくまでもスケッチ用で,細かい描画用ではないっぽいから,あとはどこまで鉛筆やチョークのシミュレートができるようになるかで変わるような気がする。

でかくて立派なワイキキのアップルストア。ちなみにアラモアナの方に行くとマイクロソフトストアもあったりします。

でかくて立派なワイキキのアップルストア。ちなみにアラモアナの方に行くとマイクロソフトストアもあったりします。

買ったのはこちら,⁠Pencil by FiftyThree』⁠ペン先が思ったより太くてゴムゴムした柔らかさだったので,精細な描画には向かないものの,iPadで旅先水彩スケッチを楽しむ用途には楽しく使えるんじゃないかなあと期待してます。

買ったのはこちら,『Pencil by FiftyThree』。ペン先が思ったより太くてゴムゴムした柔らかさだったので,精細な描画には向かないものの,iPadで旅先水彩スケッチを楽しむ用途には楽しく使えるんじゃないかなあと期待してます。

とかなんとかしてるうちに夜を迎えました。ホテルのプールサイドでのんびり酒を飲んで最後の時間を名残惜しんでたんですが,部屋に戻って「荷物のパッキングめんどくせー」とかジタバタしてたら,いつの間にか眠りに落ちちゃってた。もうちょいゆっくり堪能するつもりだったのに。

目が覚めれば,いよいよ日本へ帰る日です。

著者プロフィール

きたみりゅうじ

もとは企業用システムの設計・開発,おまけに営業をなりわいとするなんでもありなプログラマ。本業のかたわらWeb上で連載していた4コマまんがをきっかけとして書籍のイラストや執筆を手がけることとなり,現在はフリーのライター&イラストレーターとして活動中。

URLhttp://www.kitajirushi.jp/

Twitterhttp://twitter.com/kitajirushi

コメント

コメントの記入