先取り! Twitter使いへの道 AtoZ

第1回 Twitterキホンのキホン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

本連載のアップデートとなるタイムラインへ飛び込め!イマドキのTwitter新生活が公開されています! あわせてご覧ください。

皆さん,こんにちは! ふじかわと申します。

新しいものにはすぐ飛びついて試してみる性分で,新しいWebサービスの話を聞くととりあえず登録しまくる日々です。今回は,そんな中でも近年まれに見る盛り上がりを見せるWebサービス「Twitter」をご紹介したいと思います。

Twitterってなに?

図1 Twitterのトップページ。世界中のユーザーの今の状況が見られる

図1 Twitterのトップページ。世界中のユーザーの今の状況が見られる

2006年からスタートした,海外のWebサービスです(図1,http://twitter.com/)⁠

しくみはとてもシンプル。⁠What are you doing?」⁠今何してる?)というたった1つの問いにひたすら答え続けるだけ。その答えが,自分とつながっている友人たちや,⁠設定によっては)Twitterを利用している全ユーザに発信されます。

基本的には発信することがメインなのに,そこから新たなつながりや交流が生まれ,ハマっていく人が続出しています。Twitterが生み出す「ゆるいつながり」が,利用者にとって予想以上の価値を生み出しているようです。そんな様子から「プチブログ」とか「リアルタイムSNS」と表現されたりもしています。

実際にどんな会話が展開されているのか,ちょっとご紹介しましょう。

なにげない会話が人をつなぐ

図2 ある夜の会話。一番下が私の発言で,それに対して友達が返事をしている

図2 ある夜の会話。一番下が私の発言で,それに対して友達が返事をしている

「What's are you doing?」ですから,今何をしているかをまず書きます。たとえば,夜であれば「これから寝ます」など,今の自分の状況をそのまま書くだけです。すると,それを見た人からすぐに返事が返ってきます。⁠おやすみなさい」⁠Good Night!」…といった具合です。図2は私のTwitterのホームページですが,実際そんな感じの会話が展開されています(@をつけた発言は,その人に対する返信を意味します)⁠

「これから寝ます」⁠おやすみなさい」――ものすごく普通のなにげないやりとり。何がおもしろいの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。でも,実はこの「なにげないやりとり」ができること自体がおもしろいのです。

たとえばblogでわざわざ「これから寝ます」という内容だけの記事を書いたりしませんよね。百歩譲って書いたとしても,それにリアルタイムで返事がくることはまずないでしょう。一生懸命何かを伝えようとして書いたものではなく,単に今の自分の状況をつぶやいただけで,それに返事が返ってくる。きっとblogやmixi日記などを書いている方なら,返事が返ってくることの心地良さはご存知だと思います。

そしてこれは返事をする側も同じ。もともとがなにげない一言だから,返事をする敷居も低いんですね。これまであまり(場合によってはまったく)接したことがない人に対しても,⁠おやすみなさい」くらいなら言える。Twitterを始めてから,挨拶に人をつなぐパワーがあることを実感しています。

コメント

  • 使い方が分からない・・・

    友達追加するのに「add」のリンクが見当たらないんですけど何処にあるんですかね~?

    右サイドバーにはなさそうなんだけど・・・

    Commented : #1  @@ (2007/09/11, 10:40)

    16ページ(4/4)

コメントの記入