プロジェクト Wassr 挑戦者たち

第5回 Wassr Update

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

こんにちは,モバイルファクトリーの木村です。

第5回目となる今回は6月のリリース以降いくつかWassr(ワッサー)に追加された機能をまとめてご紹介します。

プライベートトーク

プライベートトーク,特定の個人とだけヒトコトをやりとりできる機能です。

上記のデザイン設定で,お互い背景画像などを設定していると,プライトークの背景が半々に表示されるおまけ付きです。

画像

セカンドライフでHUDのソース公開

セカンドライフとWassrをつなぐHUDのスクリプトを公開しました。改変,再配布も自由となっております。

画像

※)
配布されている 0.06以上のバージョンを取得することにより,内部に埋め込まれているスクリプトを閲覧,変更できます。

メール投稿の絵文字対応

au端末に限りますが,メール投稿時に絵文字が使えるようになりました。

残念ながら,DoCoMoなどキャリアでは,サーバ側で受信したときには〓になってしまうため,メールでの絵文字対応は不可能ですが,auをご利用の方は是非メール投稿もお試し下さい。

画像

動画埋め込み

ニコニコ動画YouTubeStickamの動画を埋め込めるようになりました。

URLをヒトコトに含めると自動的にサムネイルがでて,Wassr上で再生出来るようになりました。

デザイン設定の拡充

リリース当初より,背景色や背景画像を設定できるようになりましたが,ディフォルトの背景画像を数十種類用意しました。もちろん,自分オリジナルの画像をアップロードすることも可能です。

また,メニューバーの色も変更できるようになりました。

[各種設定→デザインの設定]から,背景画像などを変更できますんので,ぜひお試し下さい。

また,モバイルでもカラーテーマを設定を設定できるようになりました。

各種APIの充実

ユーザのみなさまよりご要望があったAPI(たとえば TODO API)の追加や改善が行われています。

こういったAPIが欲しいなど有りましたら,ぜひご要望ください。

また,7月にリリースされた,Wassr認証APIはWassrアカウントによる認証システムをサードパーティーアプリケーションに実装するためのAPIです。

Wassr認証APIを使うことによりログインID/パスワードをサードパーティーアプリケーションに入力させずに,Wassr認証APIの発行するトークンだけでサードパーティーアプリケーションからヒトコトを更新することができます。

ユーザーは任意のタイミングでそのアプリケーションに対するヒトコト更新許可を取り消すことができます

TwitterAPIを利用するサードパーティーアプリケーションを利用する際にはユーザーがそのアプリケーションにログインIDとパスワードを入力しなくてはいけなかったことを考えると大きな進歩といえるでしょう。

その他

そのほかでは,細かくはなりますが,モバイル系の充実の一環としてSoftBank端末で,DoCoMo,auの絵文字を出来る限り見えるようになったり,ちょっとWassrの本質から外れますが,携帯向けFlashゲームも「ひとやすみ」コーナーとして投入されました。

ランキング送信すると,ヒトコトとして表示さますので,携帯でWassrをご利用の方は,ぜひ一度遊んでみてください。

著者プロフィール

木村岳文(きむらたけふみ)

株式会社モバイルファクトリー システム開発部所属。株式会社モバイルファクトリーでは入社当初から開発,運用,社内システムなど技術面のほとんどを担当していたが,最近ではその時間のほとんどを,技術者が働きやすい環境を作ることや宴会のために使っている。

Wassrでのひとことhttp://wassr.jp/user/takefumi/

コメント

コメントの記入