禅で学ぶ「エンジニア」人生の歩き方

第1回 お仕事として向かい合う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

お初にお目にかかる方も多いかと思いますので,まずは自己紹介などさせていただきたく思います。

お仕事としてエンジニアを……そろそろn年ほどやっております,がる と申します。この連載を通して,エンジニアの方が「エンジニアとしての人生とどう向き合っていくか」の一助になれば,と考えております。しばしの間のお目汚しとなりますが,ご笑覧いただければ幸いです。

さて。よく「コンピュータは0と1で融通が利かない」と申しまして……それに関しては特に異論はないのですが,これが「コンピュータシステム」となりますと……少々異論がございます。

「コンピュータ」とは異なり,我々が開発対象とする「コンピュータシステム」というものは,それはそれは人間味があって泥臭い,割り切れないものであります。

それも当然といえば当然で。コンピュータシステムの根底にあるのは「使う人の欲望の類」であり,それが「1と0で割り切れるほどに単純かつ明朗なものではない」のですから。当然ながら,その具現化されたものであるシステムもまた,それなりに色々な混沌を孕むものでございます。

また一方で,コンピュータの世界は「日進月歩」どころか「秒進分歩」なんて言われる世界なのですが,それについていくための「スキルアップ」やら「学習」やら「トレーニング」やらもまた,なかなかにハードワークなのではないかと愚考いたしますが如何でしょうか?

そうして,ふってわくような「無理無茶」と秒進分歩の学習との両輪を成立させることを考えると……注意しないと,少々疲労やらストレスやらが気になってしまいます。

そうして……非常に残念なことなのですが……

そんな状況で実際に心身が疲弊してしまうケースが,決して「稀である」とは言い難いのが,多くのエンジニアが置かれているいまの現状なのではないかと愚考いたします。

そんな「心身の疲弊」に対処する術は,おそらく不可欠なものではないかと思っています。

そういった「心身の疲弊」に対して,昨今様々なメンタルヘルスにまつわる書籍,ストレス対処法などが出回っていますが,その中で,私はこの連載を書かせていただくにあたって「禅」をチョイスさせていただきました。

別に「禅でなければならない」理由は何一つないのですが,仏教は……正直なところ,おそらく宗教の中でも,かなり「緩くてアバウトで清濁合わせて飲みやすい」特徴を持っていると思っています。

そうして,仏教の一派である禅と,その禅に由来する言葉たちもまた,とても良い感じに緩い……もとい,清濁を併せのんだ,ゆったりしたものが多いのです。

そんな緩さが,きっと「厳しくてタイトな」エンジニアライフに,エンジニアの心身の健康に,とても有益なのではないかと思っています。

この連載では,毎回,2~3個程度の「禅に由来する言葉(禅語)⁠をチョイスして,紹介するとともに,それが「どうエンジニアに関連するのか」を解説していきながら,すこし今までとは異なる角度で「心身が疲弊しないエンジニアライフ」について語っていければと思います。

この連載が,皆様の心身の健康への一助になることを祈っております。

読み方

概ね,禅語+ランク+カテゴリ,という感じでタイトルを切っています。

禅語

「お題となる禅語」が書いてあります。

ランク

だいぶんとざっくりした切りわけではありますが……この業界に閲する大まかな年数を考えて,数年程度未満の「新人」⁠それなりに独り立ちができはじめる「中級」⁠上司であったり経営したりといった,先頭に立つ「上級」という切りわけで,どのあたりの人を念頭に置いてるかの目安になります。

カテゴリ

例えば職場でのマナーを問う「職場にて」や,学習の要領などを語る「スキルアップ」⁠⁠疲労回復」などの,どんなシーンを念頭に置いているかの目安になります。

著者プロフィール

がる

こなしている職業を語ると「……で,何屋さん?」と聞かれる,経歴が怪しいエンジニア。「知のコラボ」とか「シナジー」とかって単語で上手に糊塗してみたい。