禅で学ぶ「エンジニア」人生の歩き方

第7回 人と共に生きる その2

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

前回に引き続き,今回も「他人との距離」に関する禅語をいくつか取り上げてみたいと思います。

前回「出逢うためのインタフェース」について言及をしてみましたが,今回は「師と弟子を繋ぐ」3つの禅語を取り上げてみます。

禅語「松無古今色 竹有上下節」

ランク:新人 カテゴリ:コミュニケーション

日本語で読みやすく書きますと「松に古今の色無し 竹に上下の節あり」となります。

さて。この禅語にはいったいどんな意味があるのでしょうか?

この禅語を読み解くには,その中にある「二つの対になる,全く異なる概念」の双方をバランスよく理解する必要があります。あるいは「物事は常に,対になり異なる概念が共存していること」を理解する必要がある,と言い換えてもよいでしょう。

新人だからこそ見える,上司の無理無茶無知っぷり,というものがあります。

「上は気楽でいいよな」⁠ちょっと先輩だからって」などなど,思ったことはありませんでしょうか?

よく「上司三年にして部下を知らず 部下三日にして上司を知る」などとも言いますが……上司たちは,本当に「新人の心」をすっかりと失ってしまったのでしょうか?

松無古今色。
松は,常緑植物と呼ばれる「年間を通して葉を失わない植物」です。また,その翠は古木であろうとも若木であろうとも,変わらずにみずみずしい緑色です。そこに,人は「一切平等」を見ました。

例えば,美しい花を見る時に感じる心は。好みのタイプを見て心が躍るさまは。心の動く様思いの感じる様は。年齢の高低を問わず,変わらないものなのではないでしょうか?

そこに,古今の色はありません。

竹有上下節。
竹には節があり,そこには当然「節の上の方」「節の下の方」とが存在します。ここで「全ては平等であって区別などあり得ない」と騒いでみてもよいのですが,存在すること自体は,厳然たる事実です。

例えば「職場での経験年数」であるとか「スキルの高低」その他。人によって「差違がある」事柄は,当然ながら多々存在します。

そこには,上下の節があります。

「区別あり 平等あり」という言葉もありますし,また「人,その性は不違 その現成は別」という言葉もあります。
本質として,或いは可能性としての「性」の優劣は,ないと思います。
しかし,その性をどのように育てていくか,今まで育ててきたかという「現成」には,れっきとした差違があるのです。

ちなみに。⁠差違」であって,必ずしも「優劣」ではない事に注意してください。

きっとあなたが感じることと同じようなことを,先輩たちも感じているはずです。そこに古今の色はないのです。

ただ。先輩たちは,あなたよりも多くの経験を積み,知識を得た上で。場合によっては,あなたとは全く正反対の答えを出すかもしれないのです。大変であることを踏まえてなお,無理を言わざるを得ない状況なのかもしれないのです。

先達を「意味もなく批判し敵視する」のは簡単です。しかし,松に古今の色無し,です。もしかしたら,同じ憤りを,上司も感じているかもしれないのです。
その上でなお,厳しい判断をするのだとしたら。一度は「竹に上下の節あり」と考えてみるのもまた,一興ではないでしょうか?

禅語「卒啄之機」

ランク:中級 カテゴリ:コミュニケーション

そったくのき,と読みます。

卵生の生物をイメージして貰いたいのですが,卒とは「雛が,卵の内側から殻をつつくこと(または雛が内側から声を発すること)⁠で,啄とは「親が外側から殻をつつくこと」です。
卒啄之機とは「卒と啄とのタイミング(機)⁠という意味の言葉になります。

物事を教える時に,極論の2つの方向があるのですが……極論にふさわしく,どちらも「大抵育たない」方法になってしまいます。

一つは「徹底的な座学」⁠⁠書籍その他による独習」もこれの一種なのですが。
もう一つは「徹底的な現場主義」⁠OJTなんて単語を使うと綺麗ですが。

この二つは,残念なことにどちらも「片手落ちに過ぎる」方法です。

特にプログラミングにおいて(もっとも正確には「どの業界においても」なのですが)⁠⁠とにかくひたすらにコードを書けば上達する」という考え方は,徹頭徹尾間違えています。駄目なコードを10年書いても,スキルは駄目なままなのです。

「現場でn年頑張ってました」と年数だけを高々と掲げる人は,厳しい物言いをすると「年数以外に胸を張れるものがない」わけです。そうしてその場合,得てしてスキルは「低めのところでそれなりに」しかないことが多いようです。

きちんとした理論背景,問題点を認識する知識と目,その問題点の解決の仕方など。 先達からきちんと教わり,学ばなければならないことは決して少なくありません。

一方で。比較的誤解されやすいのが「座学による学習」です。

当然といえば当然なのですが,どの業種においても「実地を伴わない学習だけで熟練できる職業」などというものは存在しません。

まず実際にコードを組み,相応のトラブルを体験した上で,初めて学んだものが血となり肉となるのです。 座学と読書だけでは,非常に低いところで数々の「ハードル」が襲ってきます。

この文章は「中級」を想定してみました。そういったキャリアの方々は,ちょうど「教わることもあり」⁠教えることもある」立ち位置だと思います。

教える時は。⁠全てをいきなり」教えてはいけません。
教わる時は。⁠全てをいきなり」聞いてはいけません。

それは経験を伴わないために,結局は「言われたことがよくわからずに右から左に抜ける」ので,平たく言って時間の無駄です。

そうして,独学だけでは駄目です。自らの経験の後できちんと「教えを乞う」ことを忘れてはいけません。

経験をして困難にぶつかることを,よく「壁にぶち当たる」などと言いますが,おおよそ言い得て妙だと思います。 経験をして。壁を認識出来た上でその壁をぶち破るからこそ「breakthrough」だと思います。

そうして壁を「殻」と読み替えると。
それこそが卒であり啄であり,それ故の「卒啄之機」です。

殻を認識する前に外から殻を砕いてしまえば,ひな鳥はそも「そこに殻があったこと」すら学べず,もう一度同じミスをします。

ひな鳥が必死に殻をつつき,声を上げているのに放任主義をしてしまえば,ひな鳥は力尽きてしまうかもしれません。

まず自分で多少なり経験し,考察をしてから教わるからこそ教えるからこそ,その言葉が「身に染み入る」わけです。
そのタイミングを丁寧に見極めるからこそ「師」たるのです。

教える時に教わる時に。是非,タイミングを見極めてください。

ひな鳥が十分な力を付けた上で,ちゃんと殻が破れるように。
その「タイミングを見極める」こともまた,一つの学習であり,熟練なのですから。

著者プロフィール

がる

こなしている職業を語ると「……で,何屋さん?」と聞かれる,経歴が怪しいエンジニア。「知のコラボ」とか「シナジー」とかって単語で上手に糊塗してみたい。

コメント

コメントの記入