News Hot Line

アットマークテクノ,Linux対応小型組み込みプラットフォーム「SUZAKU-V」発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

株式会社アットマークテクノは10月10日,米Xilinxの半導体デバイス「Virtex-4 FX」を搭載したプラットフォーム製品「SUZAKU-V」を発売した。

同製品はLinux対応小型組み込みプラットフォームシリーズ「SUZAKU」シリーズの最新版。半導体デバイスに「Virtex-4 FX」を採用しており,プロセッサの動作周波数は最大で350MHzを誇る。また「デュアルチャンネルDDR2 SDRAM」をメモリとして実装。これまで外付けだったネットワークコントローラもデバイスに内蔵している。加えてLANポートも搭載し,TCP/IPプロトコルスタックと組み合わせて使うこともできる。

価格は4万4,100円,日本語マニュアル/ケーブル/電源などを含むスタータキットが5万2,500円。

株式会社アットマークテクノ
URL:http://www.atmark-techno.com/

コメント

コメントの記入