News Hot Line

ラピッドサイト,マネジメントレベルを選択可能に専用サーバホスティングサービス開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ラピッドサイトは7月3日,最大4Gバイトのメモリと160~320Gバイトもの大容量ハードディスクを搭載した専用サーバホスティングサービスの提供を開始した。

同サービスは,1台のサーバを各人で丸ごと利用できるレンタルサーバサービス。1台のサーバを複数ユーザで利用する共有レンタルサーバサービスに比べて,大容量のディスクを利用することが可能。

マネジメントを考慮したサービス内容

サーバスペックに加えて,サーバ監視/バックアップ/テクニカルサポートなど,各自の用途に最適なマネジメントを選択できる。また,OSもRed Hat Enterprise LinuxとNature's Linuxの2種類から,目的に応じて選択可能。

サービスの詳細は下記連絡先を参照。

利用方法の多様化やユーザ層が拡大しつつあることから,サーバスペックのみならずマネジメントを考慮して選択できるサービスの必要性を鑑み,同サービスの提供に至ったとのこと。

利用方法の多様化やユーザ層が拡大しつつあることから,サーバスペックのみならずマネジメントを考慮して選択できるサービスの必要性を鑑み,同サービスの提供に至ったとのこと。

ラピッドサイト
URL:http://www.rapidsite.jp/

コメント

コメントの記入