News Hot Line

横河ディジタルコンピュータ,MPC5567の支援ツールを開発

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

横河ディジタルコンピュータ(株)は,フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン(株)のFlexRay対応32ビット・マイクロコントローラ「MPC5567」での応用機器開発を支援する各種ツール群を開発,製品化したと発表した。

次世代車載LANとして注目されているFlexRay応用機器の開発・実験・生産ラインを広くサポートするために製品化された機種は以下のとおり。

リアルタイムRAMモニタ「RAMScope」
MPC5567に装備されたNEXUSインタフェースを介して,マイコン内部のRAMの状態をモニタするツール。昨年,発表されたGT100シリーズのラインアップに加わり車輌開発における実験環境をサポートする。
MPC5567用Flex Rayスタータキット
MPC5567によるFlexRay通信制御の評価用として,FlexRayの制御プログラム例などを添付したスタータキット。
フラッシュマイコンプログラマ「C"arNETIMPRESS(ガーネットインプレス)」
汎用のフラッシュマイコンプログラマ。
横河ディジタルコンピュータ
URLhttp://www.yokogawa-digital.com/

コメント

コメントの記入