News Hot Line

日本TI,高いESD耐圧で静電破壊に対処した,高速CANトランシーバの新製品を発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

日本テキサス・インスツルメンツ(株)は,7月3日に車載LAN規格CAN(Controller Area Network)の高速CANトランシーバとなる新製品「HVD1050Q」を発表した。IC(集積回路)の静電気耐性試験の1つであるHBM(Human Body Model)方式で最大±8Kボルトと,非常に高い静電気放電(ESD)耐圧を実現している。また,高い電磁障害耐性(EMI)と非常に低い電磁放射量(EME)などの特長により,自動車エンジンや車体系ネットワーク,および車両診断系ツールなどでの使用が可能となっている。

車載向け電子制御装置(ECU)の接続は,従来のワイヤハーネスからCANを始めとする車載LANへと移行しつつある。

高速CANトランシーバ「HVD1050Q」

高速CANトランシーバ「HVD1050Q」

日本テキサス・インスツルメンツ
URLhttp://www.tij.co.jp/

コメント

コメントの記入