News Hot Line

第8回 組込みシステム技術に関するサマーワークショップ(SWEST8)開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

大学と企業間の人的交流の促進とそれによる創発的活動の場を提供するなどを目的とした「組込みシステム技術に関するサマーワークショップ(SWEST8)が,2006年7月13日(木)~14日(金)に,遠鉄ホテル エンパイヤ(静岡県浜松市)で開催された。

14日(2日目)のチュートリアルのうち,昨年に引き続き「行列の出来る組込みシステム開発ワークショップ&パネルディスカッション2006」も実施された(昨年の模様については,本誌Vol.2に掲載)。同セッションでは,日本の企業および大学,専門学校などの教育機関がどのようなことが組込み業界で必要とされているのかを,「開発手法」「プロジェクト管理」「品質保証・管理」「教育」などの切り口で,セミナーとQ&A形式のパネルディスカッションが行われた。

また,同2日目の7:30からはサーベイヤ計画による模型ロケット「Hamana-3」が打ち上げられた。サーベイヤ計画は,組込みシステムとソフトウェアの開発技術力向上を目指して,学習環境と教材(ソフトウェア,ハードウェア両方)を作り上げるプロジェクトで,模型ロケットに計測モジュールを搭載したHamana-3は,打ち上げの軌跡を測定することができる。この測定用のシステムを,組込みシステム開発技術に関する教材として活用するという。

SWEST公式Webサイト
URLhttp://www.ertl.jp/SWEST/

コメント

コメントの記入