News Hot Line

「2006年度日本OSS貢献者賞」の受賞者を選定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は,2006年10月24日に,事業の内容や成果を広く紹介し,その普及と実用化の促進を図ることを目的とした「IPAフォーラム2006」を開催した。この中で,「2006年度日本OSS(オープンソースソフトウェア)貢献者賞」の表彰式も行われた。同賞は国内におけるOSS開発の振興を図ることを目的に,影響力のある開発プロジェクトを創造,運営した開発者やグローバルプロジェクトにおいて活躍する卓越した開発者などが選ばれる。今年度は次の4名が受賞した。

比嘉康雄氏
J2EEサーバのDIコンテナ「Seasar」を開発,普及
平林俊一氏
マルチプラットフォームC++統合開発環境「WideStudio/MWT」の開発プロジェクトを主導。多数のプラットフォームに対応し,C/C++,Java,Rubyなどの広範囲なプログラミング言語もサポートする(本誌特別企画2を参照)
山本博之氏
さまざまなプラットフォーム上で広く利用されているメールクライアント「Sylpheed」の開発
吉藤英明氏
次世代ネットワークIPv6のLinux用プロトコルスタック「USAGI」の中心的に開発
独立行政法人 情報処理推進機構
URLhttp://www.ipa.go.jp/

コメント

コメントの記入