News Hot Line

Windows Embedded CE 6.0開発スタータキットを発売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

横河ディジタルコンピュータ(株)は,昨年の11月に開発を発表していたWindows Embedded CE 6.0開発スタータキット「WA010-ANC00-60」を1月22日より発売した。

Windows Embedded CE 6.0開発スタータキット

Windows Embedded CE 6.0開発スタータキット

同製品は,アットマークテクノ社のArmadillo-9(ARMコアを搭載した高性能で低消費電力の小型CPUボード)上で動作するMicrosoft社の組込み向けRTOS「Windows Embedded CE 6.0」によるWindows CE開発スタータキットであり,同社のARMプラットフォーム用Windows CE開発スタータキットの第4弾として,高信頼性・高安全性を追求するRTOSユーザ向けに提供される。発売時の価格は25万円(税別)で,キット内容は次のとおり。

  • Armadillo-9(ケースモデル)
  • BSP(Board Support Package)
  • Windows Embedded CE 6.0評価版
  • 1ヶ月間のエンジニアリングサポート
横河ディジタルコンピュータ
URL:http://www.yokogawa-digital.com/

コメント

コメントの記入