News Hot Line

アクテルとARM,FPGAに最適化した32ビットプロセッサを開発

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ワンチップFPGAソリューションを提供する米アクテル社(日本法人:アクテルジャパン(株))は,2007年3月20日,FPGA(Field Programmable Gate Array)への実装に最適化した小型で高性能の32ビット ソフトコアマイクロプロセッサのARM Cortex-M1を英ARM社と共同開発したことを発表した。FPGAは,ユーザによってプログラムの書き換えが可能な論理デバイスで,回路データをダウンロードすることにより,回路構成を変更することが可能なLSI(大規模集積回路)。

アクテルは,業界大手のプロセッサコアを使用する際に通常必要となるライセンス料とロイヤルティ料を不要にし,ARM Cortex-M1のようなARMの先進プロセッサ技術を多くの企業が無償で使用できるようにした。アクテルのM1対応フラッシュベースFPGAであるFusionおよびProASIC3にCortex-M1プロセッサを無償で使用できるため,システム設計者はプログラマビリティの柔軟性とシステムレベルのインテグレーションを活かして,低コストで高性能なシステムを開発することができるという。M1A3P1000 ProASIC3デバイスとM1AFS600 Fusion PSCデバイスは2007年第3四半期にサンプル品が出荷され,同年第4四半期に量産品出荷を開始される予定だ。

アクテル
http://www.actel.com/

コメント

コメントの記入